長崎鼻

10万年前に噴火した指宿カルデラ(阿多カルデラ)の外輪山の一角をなし、火山岩でできた、薩摩半島最南端の岬が長崎鼻。晴れた日には開聞岳や屋久島、種子島、硫黄島などの火山や島々を遠望できる風光明媚な場所です。ここから、円錐形の秀麗な姿を見せる開聞岳の麓へと沈む夕陽は、とくに美しいことで有名。

浦島伝説の残る薩摩半島最南端の岬

龍宮神社

岬にいたる道の両側には、みやげもの屋などが並び、にぎやか。そこを抜けると、浦島太郎伝説が伝わる龍宮神社(乙姫神社)の竜宮城のような門、社殿に出ます。
この龍宮神社、願いを書くのは絵馬ならぬ絵貝というユニークな参拝方法。
明治44年に刊行された『山川郷土歴史』にも、この岬が竜宮岬と呼ばれていたことが記されています。

長崎鼻一帯は、佐多岬、内之浦などとともにソテツ自生の北限で、国の天然記念物ソテツ自生地になっています。

長崎鼻 DATA

名称 長崎鼻/ながさきばな
所在地 鹿児島県指宿市山川岡児ケ水長崎鼻
関連HP 指宿市公式ホームページ
電車・バスで JR山川駅から鹿児島交通の開聞駅行きバスで23分、長崎鼻下車徒歩5分
ドライブで 指宿スカイライン頴娃ICから約28km
駐車場 長崎鼻パーキングガーデン(400台/無料)
問い合わせ 指宿市観光課 TEL:0993-22-2111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

薩摩長崎鼻灯台

2017年10月21日

龍宮神社

2017年10月15日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ