シーマンズビーチのタイムトンネル

シーマンズビーチのタイムトンネル

鹿児島県大島郡与論町古里、奄美十景に指定されている百合ヶ浜を望む景勝地、大金久海岸(シーマンズビーチ)南端に建つ百合ヶ浜展望休憩所(ゆいのお丘)から海岸に下ったところにある海蝕洞が、シーマンズビーチのタイムトンネルと呼ばれ、近年、絶景スポットとして注目を集めています。

絶景スポットですが、駐車場もない超穴場

大金久海岸(シーマンズビーチ)の南端に百合ヶ浜展望休憩所の東屋があり、その南に、ゆいの丘がありますが、丘から海岸へと下った場所に、干潮時に姿を表す海蝕洞があります。
ビーチリングとも呼ばれていますが、与論島の穴場的な存在。
季節によっては穴の中に朝日を眺めるシーンの撮影も可能です。

ただし近隣に駐車場がないので、徒歩、サイクリングでの到達になります。

シーマンズビーチのタイムトンネル
名称 シーマンズビーチのタイムトンネル/しーまんずびーちのたいむとんねる
所在地 鹿児島県大島郡与論町麦屋334-7
問い合わせ ヨロン島観光協会 TEL:0997-97-5151/FAX:0997-97-4610
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ