瀬脇砲台跡

瀬脇砲台跡

鹿児島県肝属郡南大隅町にある幕末の砲台跡が、瀬脇砲台跡。嘉永4年(1851年)、薩摩藩は攘夷(じょうい=外敵を撃ち払って入国させない)の目的で瀬脇砲台、と辺田原に根占砲台(現・台場公園)を築き、大砲1門を構えています。瀬脇砲台跡が史跡として保存され、見学が可能。

幕末に薩摩藩が築いた砲台の跡

瀬脇砲台跡

文久2年(1862年)、武蔵国生麦村(現・横浜市鶴見区生麦)の東海道で、薩摩藩の大名行列に誤って馬で乗り込んだイギリス人を無礼討ちにした生麦事件が勃発。
イギリス政府は艦隊を錦江湾に送り、文久3年7月2日〜7月4日(1863年8月15日〜8月17日)、薩英戦争へと発展します。

生麦事件の発生後、原台場とともに拡張構築が行なわれ、現在の姿の砲台にになりました。
薩英戦争時には小根占郷士だけでなく、大姶良郷、田代郷からも瀬脇台場に出兵し、170余名がこの砲台に大砲、小銃などを据えイギリス艦隊の来攻に備えますが、結局交戦することはなく、砲弾も発射されていません。

薩英戦争の際には、薩摩藩士・折田要蔵(おりたようぞう=明治維新後は湊川神社の初代宮司に/NHK大河ドラマ『青天を衝け』では徳井優が好演)が薩摩藩の摂海防禦御台場築造御用掛に任命され、砲台の建造と大砲製造を主導しています。

十柱神社を目指して根占港の車道終点まで歩き、そこから建物横の踏み跡を伝えば、瀬脇砲台跡に出ることができます。

瀬脇砲台跡、敵の砲撃から兵士や大砲を守る胸壁が、現存。
胸壁は全長23m、高さ2m、弾丸が発射される砲門部分も確認できます。

砲台背後の標高87mの山頂部には、中世の城、瀬脇城の跡があります。

画像協力/(公社)鹿児島県観光連盟

瀬脇砲台跡
名称 瀬脇砲台跡/せわきほうだいあと
所在地 鹿児島県肝属郡南大隅町根占川南1183
電車・バスで 根占港(根占フェリー乗り場)から徒歩15分
ドライブで 根占港から約1km
駐車場 なし
問い合わせ 南大隅町教育委員会 TEL:0994-24-3164
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
根占港

根占港

鹿児島県肝属郡南大隅町にある港が、根占港(ねじめこう)。錦江湾を渡り、対岸の山川港(指宿市)とを結ぶフェリーなんきゅうが出航しています。根占港は指宿市を起点とし、宮崎市に至る国道269号の途中で、フェリーなんきゅうは、国道269号の扱い、つ

新波止砲台跡

新波止砲台跡

「にっぽん丸」などの大型客船も着岸する鹿児島港の北埠頭。岸壁にはボードウォークも整備されていますが、「いおワールドかごしま水族館」北側の岸壁にあるのが幕末に薩摩藩が、藩の富国強兵のために築いた新波止砲台跡。鹿児島城下の防衛のために設置された

台場公園(薩英戦争砲台跡)

台場公園(薩英戦争砲台跡)

鹿児島県肝属郡南大隅町、文久2年(1862年)、生麦事件後、それまであった大門口台場、祇園之洲砲台、新波戸砲台、辨天波戸砲台に加え、新たに台場を構築。そんな薩英戦争に備えて砲台を備えた根占砲台の跡が、台場公園(薩英戦争砲台跡)。南大隅町内に

松崎砲台跡

松崎砲台跡

鹿児島県肝属郡錦江町馬場、大根占海岸に幕末に築かれた台場の跡が、松崎砲台跡。生麦事件勃発後、大根占海岸の砂丘地に薩英戦争に備えて建設された臨時の砲台で、大砲3門が25m間隔で備え付けられていました。現在は石積みだけが残され、往時を偲ぶことが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ