北野天満宮『御誕辰祭・大茅の輪くぐり』|京都市

北野天満宮『御誕辰祭・大茅の輪くぐり』

毎年6月25日、京都市の北野天満宮で『御誕辰祭・大茅の輪くぐり』が執り行なわれます。菅原道真は、平安時代初期の承和12年6月25日(845年8月1日)に生誕。本殿で斎行されるその誕生を祝う神事が『御誕辰祭』(ごたんしんさい)で、境内に設けられた茅の輪(ちのわ)をくぐる『大茅の輪くぐり』も行なわれます。

菅原道真は、別名・夏越天神(なごしてんじん)

9:00〜=御誕辰祭神事(菅公生誕を祝う神事)。

楼門に茅で作った直径5mほどの京都最大の大茅の輪が掲げられ、輪をくぐると無病息災でいられるといわれています。
直径7~8cmほどの小型の「茅の輪」の授与もあります。

6月30日は『夏越の大祓』(なごしのおおはらえ)で、茅の輪くぐりが行なわれます。

なお、同じ天満宮でも山口県防府市の防府天満宮では、旧暦6月25日を新暦に直して8月3日〜8月5日に『御誕辰祭』が行なわれています。

北野天満宮『御誕辰祭・大茅の輪くぐり』|京都市
開催日時 毎年6月25日・6月30日
所在地 京都府京都市上京区馬喰町
場所 北野天満宮
関連HP 北野天満宮公式ホームページ
電車・バスで JR京都駅から市バス50・101系統で31分、北野天満宮下車、徒歩1分で一の鳥居。京福北野線白梅町駅から徒歩5分
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約10km
駐車場 参拝者専用駐車場(350台/無料)
問い合わせ 北野天満宮社務所 TEL:075-461-0005/FAX:075-461-6556
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

北野天満宮

947(天暦元)年、巫女(みこ)の多治比文子(たじひのあやこ)らが北野の右近馬場に皇城鎮護の神として菅原道真の霊を祀ったのが始まりという古社が北野天満宮。京で起こった天変地異が道真の祟りという風評が広がり、その霊を鎮めるため、朝廷も神号を授

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ