清水寺『千日詣り(夜間拝観)』|京都

清水寺・千日詣り

毎年8月14日~8月16日、京都市の清水寺で『千日詣り(夜間拝観)』が行なわれます。1日のお参りで1000日分のご利益があるといわれる観音さまの最大の功徳日(くどくにち)で、8月14日~8月16日には法要が営まれ、本堂の内々陣で献灯も可能となります。期間中は夏の夜間特別拝観も実施。

観音様の大慈大悲にすがって『千日詣り』

『千日詣り』は観音信仰の広まりとともに誕生し、全国に広まった観音さまの功徳日。
「大慈大悲」(大慈=手を尽くして救いを求める人の力になろうとする心、大悲=救いを求めている人の苦しみに同調しその苦しさを軽減しようという心)を有し、あらゆる苦しみから逃れ、あらゆる願いを聞き届けるのが観音菩薩。
そして、観世音菩薩の門に入って少しづつ目覚めていくことは、自分自身が観音様になりきることにも通じるのだとか。

毎年8月9日~8月16日(本堂内々陣特別拝観)で、8月14日〜8月16日は夜間拝観が可能となります。
夜間拝観期間は、日中の通常拝観を終了してから、いったん閉門し、改めて開門となるのでご注意を。
19:00(開門)~21:30(受付終了)。

ちなみに大分県中津市の『なかつ寺町とうろう祭り(七観音参り)』は、清水寺の千日詣でが江戸時代に九州に渡ったもの。

清水寺『千日詣り(夜間拝観)』|京都
開催日時 毎年8月14日~8月16日
所在地 京都府京都市東山区清水1-294
場所 清水寺
関連HP 清水寺公式ホームページ
電車・バスで 阪本線五条駅から徒歩20分
問い合わせ 清水寺 TEL:075-551-1234/FAX:075-551-1287
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
なかつ寺町とうろう祭り(七観音参り)

なかつ寺町とうろう祭り(七観音参り)|中津市

毎年8月9日18:00〜、大分県中津市の寺町周辺で『なかつ寺町とうろう祭り(七観音参り)』が行なわれます。寺町一帯に多くの紙灯籠が並び、7つのお寺では「七観音参り」が行なわれます。お祭り広場のステージではバンド演奏や子ども太鼓が行なわれ、か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ