横浜港大さん橋国際客船ターミナル

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

神奈川県横浜市中区海岸通1丁目、横浜港の玄関口、大桟橋埠頭にある客船ターミナルが、横浜港大さん橋国際客船ターミナル。大桟橋は、明治27年、日本でもっとも古い桟橋として誕生。屋上広場は、ウッドデッキで散策にも絶好、みなとみらい21地区の夜景を眺めるビュースポットにもなっています。

屋上広場は24時間無料開放、夜景鑑賞スポットに

横浜港大さん橋国際客船ターミナル
大桟橋に停泊中の「にっぽん丸」(右)と「飛鳥Ⅱ」

桟橋は平成14年にリニューアルされ、商船三井客船の「にっぽん丸」(2万2472t)など3万トンクラスまでの客船は4隻、郵船クルーズの「飛鳥Ⅱ」(5万444t)などそれ以上のクラスの客船は2隻の同時着岸が可能。
また、レストラン船「ロイヤルウイング」(2876t)のランチクルーズ、ティークルーズ、ディナークルーズの受付、乗船場所になっているほか、さらに東海汽船の「さるびあ丸」(6099t)も毎週金・土曜の夜の便に限り、大桟橋に寄港しています(東京・竹芝桟橋〜横浜・大さん橋〜伊豆大島〜利島〜新島〜式根島〜神津島)。

屋上広場は24時間無料開放されており、ここからは行き交う船やベイブリッジが一望のもと。
大桟橋の先端には、みなとみらい地区の夜景を一望にするレストラン「インターナショナルキュイジーヌ サブゼロ」(International cuisine subzero)、横浜ベイブリッジを眺める「cafe&dining blue terminal」があるほか、ロイヤルウイングオフィシャルギフトショップ、元町にあるバッグの「キタムラ」(明治15年創業)の支店なども入っています。

クルーズ客船の入港情報は横浜市のホームページ内「横浜港客船入港予定」を参照。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル
屋上からのみなとみらい21地区の夜景

大桟橋の歴史

大桟橋

開港で居留地が築かれ、一気に海外への玄関となった横浜。
日本の近代化が進み、生糸の海外輸出、そして大陸進出などが検討される明治20年代になると、横浜港の拡大と充実が急務になったのです。

明治21年には首相・伊藤博文に対し、外相の大隈重信が、横浜港の港湾設備の充実を進言。
早くも翌明治22年から、日本最初の洋式水道である横浜水道設計に従事したイギリス陸軍工兵大佐で技師でもあるヘンリー・スペンサー・パーマー(Henry Spencer Palmer)の発案で、第1期築港工事に着手しています。
第1期築港工事で完成したのが内防波堤と長さ460mという長大な鉄桟橋(現在の大桟橋)。
完成した明治27年は、日清戦争開戦の年でもあるのです。

明治29年には、岩崎彌太郎率いる日本郵船による、横浜とアントワープ(ベルギー)、シアトル(アメリカ)、アデレード(オーストラリア)を結ぶ定期航路が開設されています。
このシアトル定期客船サービスに就航し、昭和7年6月2日、横浜港からチャーリー・チャップリンも乗船したのが、山下公園前に係留される「氷川丸」(1万1622t)です(昭和5年4月25日、横浜船渠で竣工、昭和35年引退)。

その後、第2期築港工事で鉄桟橋は拡張されますが、関東大震災で大きな被害を受け、復興工事後に大桟橋の呼び名になりました。
第二次世界大戦後、GHQが接収した時代には、サウスピアと呼ばれていました。
横浜港国際船客ターミナルが完成したのは、昭和39年、東京オリンピック開催に合わせて。
現在のターミナルは、平成14年にリニューアルされたもの。

ちなみに、桟橋の構築を提案したヘンリー・スペンサー・パーマーの碑は野毛山公園、旧野毛山配水池横に設置されています。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル
名称 横浜港大さん橋国際客船ターミナル/よこはまおおさんばしこくさいきゃくせんたーみなる
所在地 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
関連HP 横浜港大さん橋国際客船ターミナル公式ホームページ
電車・バスで みなとみらい線日本大通り駅から徒歩7分。JR・横浜市営地下鉄関内駅から徒歩15分
ドライブで 首都高速横羽線横浜公園ランプから約1.2km
駐車場 横浜大さん橋駐車場(400台/有料)
問い合わせ 横浜港大さん橋国際客船ターミナル総合案内(インフォメーション)TEL:045-211-2304
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
横浜大さん橋・ダイヤモンド富士

横浜大さん橋 3月上旬と10月上旬にダイヤモンド富士

横浜港周辺では毎年3月9日〜10日と10月3日~4日にダイヤモンド富士を眺めることができます。大黒ふ頭、横浜ランドマークタワーなどと並んで、横浜大さん橋(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)もダイヤモンド富士を眺望するスポット。ちょうど、横浜

にっぽん丸

横浜港に行くなら、大さん橋接岸のクルーズ客船のチェックを!

横浜港に外洋航路の大型客船が接岸するのが大さん橋。そして「にっぽん丸」(商船三井客船)、「飛鳥Ⅱ」(郵船クルーズ)という日本を代表するクルーズ船もたびたび接岸。横浜港に行くなら、まずは入出港のスケジュールを確認を。「にっぽん丸」と「飛鳥Ⅱ」

ヘンリー・スペンサー・パーマーの碑

ヘンリー・スペンサー・パーマーの碑

神奈川県横浜市西区の野毛山公園は、近代水道発祥の地。旧野毛山配水池(敷地内は立入禁止)横、野毛山公園・展望地区に立つのが、ヘンリー・スペンサー・パーマーの碑。日本初の近代水道となる横浜水道を完成させ、横浜港第1期築港工事を提案したパーマーの

日本郵船氷川丸

山下公園に係留されたかつての客船・氷川丸は、昭和5年、新造貨客船としてシアトル航路に就航、太平洋を254回横断し「太平洋の女王」との別名もある歴史ある船。喜劇王チャップリンなど、多彩な船客の足として活躍した船は国の重要文化財、経済産業省の近

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ