長興山紹太寺のしだれ桜

長興山紹太寺のしだれ桜

小田原藩2代藩主・稲葉正則(いなばまさのり)は、寛文9年(1669年)、入生田(いりうだ)に菩提寺を移し、山寺号も「長興山紹太寺」と改めます。同時に父母と祖母・春日局(かすがのつぼね)の霊を弔って、「春を忘れぬ形見に」としだれ桜を植えました。これが今に残る巨樹「長興山紹太寺のしだれ桜」です。

見頃は例年3月下旬〜4月上旬頃

「長興山紹太寺のしだれ桜」は、樹齢約340余年、高さ約13m、株元周囲約4.7mの大木。
見頃は例年3月下旬〜4月上旬頃で、満開時は花が滝のように垂れ下がり見事です。

紹太寺は幕末の安政年間(1854年〜1860年)など、度重なる火事で大伽藍を焼失。
しだれ桜と360段に及ぶ石段などが残るのみとなっています。
往時の伽藍の跡地はミカン畑に転身し、塔頭の清雲院が寺号と法灯を引き継いでいます。

周辺に駐車場がないので、ドライブの場合は小田原駅周辺の有料駐車場に車を置いて箱根登山鉄道の利用を。
 

長興山紹太寺のしだれ桜 DATA

名称 長興山紹太寺のしだれ桜/ちょうこうざんしょうたいじのしだれざくら
所在地 神奈川県小田原市入生田303
関連HP 長興山紹太寺公式ホームページ
電車・バスで 箱根登山鉄道入生田駅から徒歩20分
ドライブで 西湘バイパス小田原ICから約2km
駐車場 10台(桜開花期間中は利用不可)、桜の開花期は小田原駅東口臨時駐車場(150台/有料)を利用
問い合わせ TEL:0465-22-7760/FAX:0465-22-5262
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ