ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

神奈川県海老名市、小田急線小田原線・相鉄本線海老名駅に隣接する地に、令和3年4月19日にオープンのロマンスカーミュージアム。小田急電鉄としても開業以来初となる屋内常設展示施設で、開業当時の車両であるモハ1の展示など、ロマンスカーの魅力が詰まった注目の鉄道博物館になっています。

時代を彩った5車種のロマンスカーが並ぶ

ロマンスカーミュージアム
小田急線開業当時の車両「モハ1」が停車するプラットフォーム
ロマンスカーミュージアム
プロジェクションマッピングを駆使したジオラマ
ロマンスカーミュージアム
キッズロマンスカーパーク
ロマンスカーミュージアム
ロマンスカーシミュレーター LSE(7000形)

ヒストリーシアターでは、昭和2年4月1日開業、小田急電鉄の前身である小田原急行鉄道時代の車両、モハ1(小田原急行鉄道1形電車)の展示(熊本電気鉄道で廃車となった車両モハ301を譲り受け、開業当時の状態に復元)や、小田急電鉄、そしてロマンスカーの歴史を凝縮したショートムービーを放映。
ロマンスカーギャラリーでは、小田急線初の特急専用車両として誕生した特急ロマンスカーSE(3000形/1957年〜1992年)、小田急線で初めて展望席と2階の運転席を導入した特急ロマンスカーNSE(3100形/1963年〜1999年)、直線的でスピード感のあるフォルムが特徴の特急ロマンスカーLSE(7000形/1980年~2018年)、眺望性に優れた大きな窓とハイデッカー構造が特徴の特急ロマンスカーHiSE(10000形/1987年〜2012年)、JR御殿場線への乗り入れのために新たに製造された特急ロマンスカーRSE(20000形/1991年〜2012年)を展示、一部のロマンスカーは内部に入ることもできます。

2階はジオラマパークで、箱根、江の島、丹沢・大山と沿線の観光地を盛り込んだ小田急沿線をHOゲージを中心に再現する国内最大級の巨大ジオラマを設置しています。
ジオラマの背景はすべてスクリーンで臨場感もバツグン。
上から俯瞰できるデッキ「ジオラマビューテラス」も設置されています。

キッズロマンスカーパークは、キッズのための空間で、インタラクティブ型のデジタルコンテンツや特急ロマンスカー・LSEの実際の運転台を活用した運転シミュレーターなども用意。
運転シミュレーターでは、運転席の高い位置から見た運転風景が再現されるほか、実際の運転操作機器をそのまま活用した本格仕様になっています。

屋上は、ステーションビューテラスで海老名駅や海老名電車基地を行き交う電車が一望。

小田急公式グッズショップ「TRAINS」(ロマンスカーミュージアム限定グッズも販売)、カフェ「ミュージアムクラブハウス」、トイレや授乳室なども設置。

「ミュージアムクラブハウス」では、「走る喫茶室」の看板メニューを味わえる懐かしのデザートメニュー「クールケーキ&日東紅茶のセット」も用意され、「走る喫茶室」時代を知る世代にはたまらなく懐かしいメニューとなっています。

目下、入館は事前予約制です。

ちなみに商標登録されるロマンスカーですが、当時、新宿「武蔵野館」など、映画館にロマンスシートが導入され、流行していたことに由来するネーミングです。

ロマンスカーミュージアム
「走る喫茶室」のメニューも用意のミュージアムクラブハウス
ロマンスカーミュージアム
屋上は、ステーションビューテラス
ロマンスカーミュージアム
名称 ロマンスカーミュージアム/ろまんすかーみゅーじあむ
所在地 神奈川県海老名市めぐみ町1-3
関連HP ロマンスカーミュージアム公式ホームページ
電車・バスで JR・小田急・相鉄本線海老名駅から徒歩すぐ
駐車場 なし
問い合わせ ロマンスカーミュージアム TEL:046-233-0909
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

地下鉄博物館

東京メトロ東西線葛西駅の高架下にある地下鉄の博物館。東京地下鉄株式会社(東京メトロ)の関連公益法人である公益財団法人メトロ文化財団が運営するミュージアムで、略称「ちかはく」。昭和61年に開館し、平成15年にリニューアルオープン。展示する東京

東武博物館

東武博物館

東京都墨田区、東武伊勢崎線東向島駅の高架下を利用した東武鉄道の鉄道博物館が、東武博物館。明治30年に創立し、日光への特急 「けごん」、鬼怒川への特急 「きぬ」、伊勢崎への特急 「りょうもう」でも知られる東武鉄道の資料や車両を展示する鉄道保存

京急ミュージアム

京急ミュージアム

神奈川県横浜市西区、みなとみらい線新高島駅前にあるのが京急ミュージアム。京急グループ本社の1階部分が博物館になったもので、川崎大師への参詣者を運んだ大師電気鉄道(明治32年1月21日開業) に始まる京浜急行電鉄の歴史紹介、ジオラマ、シミュ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ