東武博物館

東武博物館

東京都墨田区、東武伊勢崎線東向島駅の高架下を利用した東武鉄道の鉄道博物館が、東武博物館。明治30年に創立し、日光への特急 「けごん」、鬼怒川への特急 「きぬ」、伊勢崎への特急 「りょうもう」でも知られる東武鉄道の資料や車両を展示する鉄道保存展示施設です。

開業時のSLは実際に走る様子を見学可能

東武博物館 SLショー 【Movie TOBU MUSEUM】

平成元年5月20日に東武鉄道90周年を記念してオープン(平成21年7月22日、リニューアルオープン)。
館内は、「東武の幕開け」、「東武のあゆみ」、「安全・快適にはこぶ」、「時代を担った主役たち」、「関東平野にひろがる東武」、「向島サテライト」、「リアルタイム」、「記念物・保存物」の8つのテーマに分かれ、東武鉄道の歴史、鉄道の仕組み、歴代の車両・機関車などを、実物、ジオラマ、シミュレーションなどを交えて紹介しています。

「東武の幕開け」では、東武鉄道は、明治32年8月27日、北千住駅〜久喜駅間が開業したのが始まりですが、その際、イギリスのべヤーピーコック社から購入した蒸気機関車12両のうちの2両(5号蒸気機関車、6号蒸気機関車)が展示保存され、1日4回、走る様子(3分間)を見学できます。

「東武のあゆみ」では東武鉄道の歴史のパネル展示のほか、大正13年、浅草(現・とうきょうスカイツリー)~西新井間の電化に伴って新造導入されたデハ1形5号電車(日本車輌製造の木造電車)も展示されています。

「安全・快適にはこぶ」コーナーには、電車、バスの運転席に座っての運転シミュレーションを楽しむことができます。

「時代を担った主役たち」は、5700系5701号電車(昭和26年、戦後最初に新造した日光・鬼怒川線特急車両、愛称「ネコひげ」)、1720系デラックスロマンスカー(日本初のサロン室を設置したボンネット型の特急車両)、日光軌道203号(日光軌道=明治43年に日光駅前~馬返間に開業した路面電車)、5700系5703号電車らの車両だけでなく、キャブオーバーバス(ボンネットバスの車体を前方まで伸ばし、運転席をエンジンの横に配置)、明智平ロープウェイのゴンドラなども展示。

「関東平野にひろがる東武」は、東武鉄道の広大な路線を、関東平野をイメージした横14m奥行き7mのジオラマで表現。
コンピュータ制御された130両の模型(HOゲージ)が走ります。

「向島サテライト」は、東武鉄道発祥の地である隅田川の東岸一帯の歴史と文化を紹介し、電車好きだけでなく、歴史ファンも楽しめる仕組み。
「リアルタイム」のコーナーは、東向島駅のホーム下に位置する「ウォッチングプロムナード」などがあり、実際に走っている電車の車輪やモーター、ロングレールの伸縮継ぎ目などを間近に観察可能。
「記念物・保存物」コーナーでは、各時代を伝えるさまざまな鉄道文化財や資料を展示。

ミュージアムショップでは、「東武博物館グッズ」としてオリジナルの文房具、東武電車シール、東武電車ミニカード、マグネットクリップ、パズル、ダイカ電車などを販売。

子ども用トイレ・多機能トイレ・授乳室なども完備し、ファミリーでの訪問にも最適です。

特急きぬ
現役時代の1720系デラックスロマンスカー(特急「きぬ」)
東武博物館
展示車両は特急「けごん」として
東武博物館
名称 東武博物館/とうぶはくぶつかん
所在地 東京都墨田区東向島4-28-16
関連HP 東武博物館公式ホームページ
電車・バスで 東武スカイツリーライン東向島駅からすぐ
ドライブで 首都高速向島出口から約1.8km
駐車場 12台/無料
問い合わせ 東武博物館 TEL:03-3614-8811
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

地下鉄博物館

東京メトロ東西線葛西駅の高架下にある地下鉄の博物館。東京地下鉄株式会社(東京メトロ)の関連公益法人である公益財団法人メトロ文化財団が運営するミュージアムで、略称「ちかはく」。昭和61年に開館し、平成15年にリニューアルオープン。展示する東京

京急ミュージアム

京急ミュージアム

神奈川県横浜市西区、みなとみらい線新高島駅前にあるのが京急ミュージアム。京急グループ本社の1階部分が博物館になったもので、川崎大師への参詣者を運んだ大師電気鉄道(明治32年1月21日開業) に始まる京浜急行電鉄の歴史紹介、ジオラマ、シミュ

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

神奈川県海老名市、小田急線小田原線・相鉄本線海老名駅に隣接する地に、令和3年4月19日にオープンのロマンスカーミュージアム。小田急電鉄としても開業以来初となる屋内常設展示施設で、開業当時の車両であるモハ1の展示など、ロマンスカーの魅力が詰ま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ