東武日光駅前広場・日光軌道線100形車両

東武日光駅前広場・日光軌道線100形車両

栃木県日光市、東武日光駅前広場に静態保存されるのが、日光軌道線100形車両。昭和43年に廃線となった路面電車、東武日光軌道線で活躍した昭和28年製造の車両で、国鉄の日光駅前と、現・いろは坂下の馬返を結んでいました。

昭和43年まで日光を走った路面電車を静態保存

東武日光駅前広場・日光軌道線100形車両

前身の日光電気軌道は、明治43年8月10日、日光停車場前(現・JR日光駅の駅前)〜岩ノ鼻間を開業、大正2年10月15日、岩ノ鼻〜馬返が延伸開業しています。
昭和7年8月28日、 日光登山鉄道がケーブルカーを馬返〜明智平に開業し、馬返で連絡するようになりました。

戦後はともに東武グループとして存続しますが、昭和29年10月1日、いろは坂(現・第1いろはざか)が開通、昭和32年には東武鉄道が定期観光バスを運行するようになり、モータリゼーションの波に押されて、昭和43年に東武日光軌道線廃止、ケーブルカーも昭和45年4月1日に廃止されています。

日光軌道線は路面電車で、現在の国道119号(清滝では現在の旧国道)を走っていました(神橋横には専用の橋がありました)。
全長9.6kmで日光停車場前(後の日光駅前/標高533m)から馬返まで標高差は305mもあり、最急勾配60‰(パーミル)、最高地点の馬返の標高は838mもありました。

展示される日光軌道線100形車両(車番109)は、昭和28年に宇都宮車両で製造されたボギー車。
東武日光軌道線の廃止後、岡山電気軌道に譲渡され(岡電車番3010)、平成24年以降は、日光霧降高原チロリン村に展示されていましたが、平成31年3月、日光市に寄贈され、日光市が2100万円をかけて再整備し、日光の新たなランドマークとして公開したもの。
塗装も東武日光軌道線時代の薄緑とオレンジに再塗装、車内の照明や窓枠なども補修されています。

通常は外観の見学のみですが、イベント時などには内部を公開。

全線単線で、スタフを使用して列車交換を実施。
東武日光駅前にあった車庫の跡地は東武バスターミナルに転用されています。
東武日光軌道線の車両では、東武博物館に200形電車が保存。

東武日光駅前広場・日光軌道線100形車両
名称 東武日光駅前広場・日光軌道線100形車両/とうぶにっこうまえひろば・にっこうきどうせん100けいしゃりょう
所在地 栃木県日光市松原町1-9
関連HP 日光観光協会公式ホームページ
電車・バスで 東武日光駅からすぐ
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 日光市地域振興部日光行政センター地域振興・防災係 TEL:0288-54-1112
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東武博物館

東武博物館

東京都墨田区、東武伊勢崎線東向島駅の高架下を利用した東武鉄道の鉄道博物館が、東武博物館。明治30年に創立し、日光への特急 「けごん」、鬼怒川への特急 「きぬ」、伊勢崎への特急 「りょうもう」でも知られる東武鉄道の資料や車両を展示する鉄道保存

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ