これっきり坂

これっきり坂

神奈川県横須賀市深田台にある、横須賀市文化会館脇から中央公園へと上る坂道(車道)が、これっきり坂。あくまでも通称ですが、ここが昭和51年に山口百恵が歌って大ヒットした『横須賀ストーリー』(作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)に登場する「急な坂道」。「今も海が見えるでしょうか」は中央公園のことなのです。

『横須賀ストーリー』「急な坂道」がここ!

山口百恵は、小学校2年時に横須賀市立鶴久保小学校に入学。
横須賀市立不入斗中学校在学中、日本テレビの視聴者参加型歌手オーディション番組『スター誕生!』でデビュー。

引退前年の昭和55年9月刊行した自叙伝『蒼い時』序章に、「あの街を去る前日の中央公園。さようならと決して言わなかった友達。いつでも帰ってこいと言った友達。それなのに遠くなってしまった街」と意味深長に綴られたのが中央公園です。
この自叙伝『蒼い時』より4年ほど前にリリースされた『横須賀ストーリー』ですが、「宇崎さんに曲を書いてほしい・・・」と阿木燿子、宇崎竜童の黄金コンビを指名したのも山口百恵本人(前年に阿木燿子・宇崎竜童のコンビで『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』が大ヒット)。
反対を押しのけ音楽プロデューサー酒井正利の橋渡しで、「彼女の実家に近い歌がアルバムに1曲くらい入っていてもいい」(宇崎竜童)ということで、阿木燿子が横須賀舞台の詞を書き上げ、「歌詞を見た瞬間にメロディーが浮かんで」(宇崎竜童)、『横須賀ストーリー』が誕生したのです。

作詞を担当した、阿木燿子も実家は横須賀(「子育てを終えた両親が晩年、横須賀に引っ越したので、私にとれば実家のある街であり、故郷みたいなものである」)。
山口百恵が横須賀出身ということで、横須賀をテーマにした曲が生まれたのです。
「横浜は明るい港町ですけど、横須賀は軍港でもあり、軍艦も停泊していて、同じ港町なのに、どこか陰があるんです」(阿木燿子)。
「急な坂道」を上って、「今も海が見えるでしょうか」(中央公園)は、なぜかピタリと自叙伝『蒼い時』にも重なります(阿木燿子と山口百恵は、作詞段階では会っていません)。

オリコンで山口百恵の最大ヒットシングルとなっただけでなく、『青い果実』・『ひと夏の経験』路線(大人びた少女路線)からの転換となった名曲になりました(以降、阿木燿子・宇崎竜童コンビでシングル12作品リリース)。
平成20年12月18日から京浜急行の横須賀中央駅で接近メロディとして『横須賀ストーリー』が導入されているように、横須賀を代表するご当地ソングになっています。

名称 これっきり坂/これっきりざか
所在地 神奈川県横須賀市深田台
電車・バスで 京急横須賀中央駅から徒歩15分
ドライブで 横浜横須賀道路横須賀ICから約5km
駐車場 文化会館駐車場(有料)を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中央公園(米ヶ浜砲台跡)

中央公園(米ヶ浜砲台跡)

神奈川県横須賀市深田台にある横須賀港や東京湾、対岸の房総半島を眺望する3.8haの公園が中央公園。実は帝国陸軍の米ヶ浜砲台跡を再生した公園で、戦前は秘密のベールに包まれた立入禁止の一帯でした。現在は、公園として整備され、横須賀や三浦半島の歴

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ