高野崎

高野崎

青森県東津軽郡今別町、津軽海峡に突き出した岬が高野崎(たかのさき)で、先端には高野埼灯台が建っています。津軽半島の先端と岬といえば、龍飛崎(たっぴみさき)が有名ですが、その東側にある高野崎は、美しい岩礁地帯の海岸で、海沿いを走る国道280号沿いにあるので、寄り道する価値も十分にあります。

灯台下の海岸には岩場に2つの太鼓橋も架る

晴れた日には龍飛崎、下北半島、遠くは北海道を眺望する高野崎。
高野埼灯台から階段を降りて磯に出ると、岩礁を結ぶ「潮騒橋」と「渚橋」が架けられています。

絶好のロケーションを活かして4月下旬~10月には高野崎キャンプ場(フリーテントサイト100張)も開設されます。
駐車場に隣接する「展望いさりび」は、1階が焼きイカ、岩牡蠣(いわがき)などが味わえる「お食事処 信光丸」、2階は展望台になっています。

紅白のツートンカラーに塗られた高野埼灯台は、昭和41年1月初点灯(平成15年改築)。
塔高は11mですが高台にあるため灯火標高は36mもあり、8海里(1海里=1.852km)先まで照らすことができます。

高野崎
名称 高野崎/たかのさき
所在地 青森県東津軽郡今別町袰月村下
関連HP 今別町商工会公式ホームページ
ドライブで 青森自動車道青森ICから約57km
駐車場 高野崎キャンプ場駐車場(150台/無料)
問い合わせ 今別町役場商工振興課 TEL:0174-35-2091
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

龍飛崎

津軽半島の突端に位置する岬が龍飛崎(たっぴざき)。太宰治はその形状を「あとは海にころげ落ちるばかりだ」と表現しています(『津軽』より)。山並みがいきなり海に落ちる突端が龍飛崎で高台には龍飛埼灯台が建っています。「ここは本州の袋小路だ。読者も

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ