黒塚古墳

黒塚古墳

奈良県天理市柳本町にある墳丘長130mの前方後円墳が、黒塚古墳。大和古墳群柳本古墳群)ですが、に属する古墳で、築造されたのは、3世紀後半〜4世紀初め(古墳出現期)。奈良県立橿原考古学研究所が行なった第3次発掘調査(平成9年〜平成10年)で三角縁神獣鏡33面が発見されています。国の史跡。

三角縁神獣鏡の多量出土で脚光を浴びた古墳

墳丘長130m、後円部径72m、高さ11m、前方部長48m、高さ6mで、後円部3段、前方部2段になった前方後円墳。
周濠が巡らされていますが、葺石や埴輪は確認されていません。
後円部の埋葬施設はほぼ真北を向いた全長8.2mの竪穴式石室です。

古墳時代前期前半の前方後円墳で、箸墓古墳、中山大塚古墳と同様に出現期の古墳である可能性が大で、初期ヤマト政権の成立過程を知るうえで重要な手掛かりとなる古墳のひとつです。

室町時代後期に楊本氏(やなぎもとし)が黒塚古墳を利用して砦を築き、周囲に巡らされた周濠が活用され、天正3年(1575年)には、三好長慶の重臣だった松永久秀(まつながひさひで=松永弾正)が、反信長勢力に呼応した時代を背景に、柳本城を築いています。
江戸時代、柳本藩が立藩すると柳本城跡に藩庁である柳本陣屋を構築し(現・柳本小学校の敷地)、黒塚古墳と周濠などはその一部になっています。

発掘調査で、後円部墳頂に本丸跡の遺構などが見つかっており、中世に城郭として活用されていたことが明らかに。

黒塚古墳に隣接して竪穴式石室の実物大模型などを展示する「天理市立黒塚古墳展示館」が設置され、竪穴式石室を実物大で再現するほか、三角縁神獣鏡25種・33面、画文帯神獣鏡1面、鉄製刀剣類のレプリカを展示。
墳墓一帯は柳本公園として整備され、墳丘の後円部に上ることも可能。

黒塚古墳からの出土品は、「奈良県黒塚古墳出土品」(奈良県立橿原考古学研究所所蔵)として重要文化財に指定。
石室は中世に起きた大地震で崩壊し、その後、中世に城郭、近世に陣屋として活用されたことから盗掘を免れ、三角縁神獣鏡などが残されたのです。
一度に見つかった三角縁神獣鏡の数としては32面が出土した椿井大塚山古墳(つばいおおつかやまこふん/京都府木津川市)を上回って全国最多で、しかも大部分の遺物は埋葬当時の位置を保って出土しています(被葬者の棺内に1面だけ画文帯神獣鏡が置かれていました)。

三角縁神獣鏡は、古代中国の魏が邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)に贈った「銅鏡百枚」とする説があり、京都市の泉屋博古館(せんおくはっこかん)の蛍光(けいこう)X線分析でも鏡に含まれる銀などの微量元素の割合が、古代中国鏡(前漢後期~三国時代の中国鏡)とほぼ一致することが判明し、中国から輸入された舶載鏡(はくさいきょう)説を裏付けています。

卑弥呼の墓ともいわれる箸墓古墳は、2kmほど南に位置し、三角縁神獣鏡33面の出土は、邪馬台国畿内説の後押しにもなっています。

黒塚古墳
名称 黒塚古墳/くろつかこふん
所在地 奈良県天理市柳本町
関連HP 天理市公式ホームページ
電車・バスで JR柳本駅から徒歩約7分
ドライブで 西名阪自動車道天理ICから約7km
駐車場 黒塚古墳展示館駐車場(無料)
問い合わせ 黒塚古墳展示館 TEL:0743-67-3210
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
箸墓古墳

箸墓古墳

奈良県桜井市にある古墳時代前期の大規模集落である纒向遺跡(まきむくいせき)の南端にある古墳が箸墓古墳(はしはかこふん)。全長280m、3世紀後半に築造されたと推測される日本最古の大型前方後円墳です。卑弥呼(ひみこ)の墓ではないかと考える研究

椿井大塚山古墳

椿井大塚山古墳

京都府木津川市山城町、木津川東岸の尾根の裾を巧みに利用した古墳時代初期(3世紀末)の前方後円墳が椿井大塚山古墳(つばいおおつかやまこふん)。墳丘長175m、後円部の高さ20mという京都府で3番目の巨大古墳で、国の史跡に指定。出土品は国の重要

行燈山古墳(崇神天皇陵)

行燈山古墳(崇神天皇陵)

奈良県天理市の柳本古墳群にある前方後円墳が行燈山古墳(崇神天皇陵)。墳丘長は242mという全国16位という巨大な古墳で、実際の被葬者は定かでありませんが、宮内庁は「山邊道勾岡上陵」(やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)として第10代

渋谷向山古墳(景行天皇陵)

渋谷向山古墳(景行天皇陵)

奈良県天理市にある柳本古墳群のひとつで、柳本古墳群では最大の古墳が渋谷向山古墳(しぶたにむかいやまこふん)。実際の被葬者は定かでありませんが、宮内庁は「山邊道上陵」(やまのべのみちのえのみささぎ)として第12代・景行天皇陵に治定しています。

櫛山古墳

櫛山古墳

奈良県天理市にある墳丘長152mという巨大な双方中円墳(そうほうちゅうえんふん=前方部を両側に築いた独特な墳形)が、櫛山古墳(くしやまこふん)。古墳時代前期に築かれた柳本古墳群(やなぎもとこふんぐん)の1基で、双方中円墳は全国で4ヶ所、6例

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ