箸墓古墳

箸墓古墳

奈良県桜井市にある古墳時代前期の大規模集落である纒向遺跡(まきむくいせき)の南端にある古墳が箸墓古墳(はしはかこふん)。全長280m、3世紀後半に築造されたと推測される日本最古の大型前方後円墳です。卑弥呼(ひみこ)の墓ではないかと考える研究者も増えています。

纒向遺跡の盟主的な古墳は卑弥呼の墓!?

箸墓古墳
箸墓古墳

後に造られた大王墓(天皇陵)の巨大前方後円墳に備えられた周濠、外堤、渡り堤の原形が、この箸墓古墳に確認されています。
まさに古代のヤマト王権(大和政権)の権力の象徴である前方後円墳のルーツといえ、そのことから邪馬台国からヤマト王権へと続く古代国家成立のプロセスを推測させる重要な古墳となっているのです。

宮内庁は、大市墓(おおいちのはか)として第7代孝霊天皇皇女・倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)の墓として陵墓指定しているため発掘調査は不可能で、古墳隣接地の発掘調査などで周濠や外堤が確認されているにとどまっています(周濠の一部は「箸中大池」としてため池百選に選定)。

そのため、卑弥呼の没年(248年頃)に近い3世紀半ばの築造と考える研究者も増えていますが、築造年代は定かでありません。

古墳時代初頭から初期に築かれた纒向古墳群の他の古墳からは、この周濠や外堤は備わっていません。
箸墓古墳の北東1.5kmの天理市側には、景行天皇陵(渋谷向山古墳/4世紀後半)、崇神天皇陵(行燈山古墳/あんどんやまこふん/4世紀前半)などヤマト王権初期の大王墓が築かれています。

箸墓古墳

国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

 

箸墓古墳 DATA

名称 箸墓古墳/はしはかこふん
所在地 奈良県桜井市箸中
関連HP 桜井市公式ホームページ
電車・バスで JR巻向駅から徒歩10分
ドライブで 西名阪自動車道天理ICから約9.5km
駐車場 桜井市立埋蔵文化財センター駐車場などを利用。駐車場から徒歩15分
問い合わせ 桜井市教育委員会 TEL:0744-42-6005
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

三輪山

2018.09.25

纒向遺跡

2018.09.25

大神神社

2017.08.03
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ