振徳堂

振徳堂

第31代飫肥藩主・伊東祐相(いとうすけとも)の命で、江戸時代後期の天保2年(1831年)に開設した飫肥藩の藩校が振徳堂(しんとくどう)。石垣に囲まれた広い敷地内に、長屋門と主屋が保存されています。明治時代、外交官として活躍した小村寿太郎も飫肥藩士の子弟だったため、この振徳堂で学び、才能を見いだされています。

幕末に再興した飫肥藩の藩校

安井滄洲(やすいそうしゅう/清武郷中野で郷校「明教堂」を開校)は総裁兼教授、息子の安井息軒(やすいそっけん/昌平坂学問所に入学し、藩主・伊東祐相の江戸での学問係を担当)は助教に任命され、一家で飫肥城下に移住して教鞭を振るいました。

振徳堂という名は孟子の教えにある「又従而振徳之」(また疑いてこれを振徳せり)から。

幕末以来の不平等条約を解消するための条約改正の交渉を行なった明治の政治家・小村寿太郎もこの藩校で学んだ後、明治3年に大学南校(東京大学の前身)に入学。さらに第1回文部省海外留学生に選ばれてハーバード大学へ留学している。

ちなみに、森鷗外の小説『安井夫人』もモデルは、安井息軒の妻・佐代。
安井息軒の残した有名な言葉は、「一日の計は朝にあり。一年の計は春にあり。一生の計は少壮の時にあり」です。

名称 振徳堂/しんとくどう
所在地 宮崎県日南市飫肥10-2-1
関連HP 日南市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR飫肥駅から徒歩10分
ドライブで 東九州自動車道日南東郷ICから約4.5km
駐車場 飫肥城観光駐車場(159台/無料)
問い合わせ 日南市観光協会TEL:0987-31-1134/FAX:0987-23-3100
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小村寿太郎生家

小村寿太郎生家

宮崎県日南市の飫肥城(おびじょう)の城下町に現存するのが小村寿太郎生家。明治時代に外交官として活躍した小村寿太郎(小村壽太郎)は、安政2年9月16日(1855年10月26日)、飫肥藩の下級藩士・小村寛平と梅子の長男として生誕。生まれた場所は

豫章館

豫章館

宮崎県日南市、飫肥城の大手門の前にある歴史的な建造物が豫章館(よしょうかん)。藩主・伊東家の家臣・伊東主水(いとうもんど)の屋敷で、飫肥の武家屋敷のうちでももっとも格式の高い家が現存(明治元年築)。飫肥藩の典型的な武家屋敷で、邸内にあった樹

飫肥城・松尾の丸

飫肥城・松尾の丸

宮崎県日南市、藩政時代に飫肥藩(おびはん)の藩庁となった飫肥城は、周囲が24町(約2.6km)あり、本丸、藩主の生活の場だった松尾の丸、中の丸、今城、西の丸、北の丸、松の丸、小城、中の城、宮薮、八幡城からなる、典型的な平山城。大手門から松尾

飫肥城・大手門

難攻不落の名城として全国にその名を轟かせた日南市の飫肥城(おびじょう)。すべての城郭建築は残念ながら明治6年に取り壊されてしまっていますが、石垣だけは当時のまま現存し、銃弾跡が残されています。その石垣に合わせて昭和53年に復元されたのが大手

飫肥城

飫肥院の跡とも伝わる飫肥城(おびじょう)はいつ頃の築城は定かではないが、1587(天正15)年に豊臣秀吉に仕えた伊東祐兵(いとうすけたけ)が九州征伐の戦で戦功を認められ秀吉から賜り、以降280年あまり飫肥藩伊東氏5万1000石の居城となりま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ