豫章館

豫章館

宮崎県日南市、飫肥城の大手門の前にある歴史的な建造物が豫章館(よしょうかん)。藩主・伊東家の家臣・伊東主水(いとうもんど)の屋敷で、飫肥の武家屋敷のうちでももっとも格式の高い家が現存(明治元年築)。飫肥藩の典型的な武家屋敷で、邸内にあった樹齢数百年の大楠にちなんで豫章館と名付けられています。

良質な飫肥杉で造られた見事な主屋を拝見

豫章館

屋敷を建てた伊東主水家は、飫肥藩の伊東御三家(伊東左門家、伊東主水家、伊東図書家)のひとつ。

主屋は明治元年の築で、明治2年、版籍奉還(はんせきほうかん)に伴い、14代飫肥藩主・伊東祐帰(いとうすけより)が飫肥知藩事(知藩事=旧藩主274名が就任した行政の長)に任命された後、廃城破却となった飫肥城内から移り住んだのがこの武家屋敷です。
昭和57年に伊東家から市へ寄贈され、公開されています。
邸内には九州屈指の規模を誇る見事な庭園も現存。

ちなみに明治4年、明治政府は知藩事を皇居に集めて廃藩置県を命じ、藩は県となって知藩事(旧藩主)は失職し、東京への移住が命じられています。

伊東主水家と尾張・犬山藩の不思議な関係とは!?

飫肥藩の初代藩主となる伊東祐兵(いとうすけたけ)の次女、於仙(おせん)は、犬山城主・成瀬正成(なるせ まさなり/家康から犬山城を与えられた尾張藩の家老で、大坂冬の陣では堀の埋め立てを実施)の弟・成瀬正武(なるせまさたけ=徳川重臣で江戸の秀忠と駿府の家康の間の連絡係を担う)に嫁ぎますが、成瀬正武は不可解な事件で切腹。
於仙と残された幼い子供たちは於仙の実家である飫肥城松の丸に戻り、子供たちは伊東姓を許されれ、長男の伊東祐正(幕府に帰参を申し出続けるも聞き届けられず)が伊東主水家の祖となり、次男の伊東祐秋は伊東図書家の祖となっています。

名称 豫章館/よしょうかん
所在地 宮崎県日南市飫肥9-1-1
関連HP 日南市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR飫肥駅から徒歩15分
ドライブで 東九州自動車道日南東郷ICから約4.5km
駐車場 飫肥城観光駐車場(159台/無料)
問い合わせ TEL:0987-5-9300
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

飫肥城・大手門

難攻不落の名城として全国にその名を轟かせた日南市の飫肥城(おびじょう)。すべての城郭建築は残念ながら明治6年に取り壊されてしまっていますが、石垣だけは当時のまま現存し、銃弾跡が残されています。その石垣に合わせて昭和53年に復元されたのが大手

飫肥城・松尾の丸

飫肥城・松尾の丸

宮崎県日南市、藩政時代に飫肥藩(おびはん)の藩庁となった飫肥城は、周囲が24町(約2.6km)あり、本丸、藩主の生活の場だった松尾の丸、中の丸、今城、西の丸、北の丸、松の丸、小城、中の城、宮薮、八幡城からなる、典型的な平山城。大手門から松尾

振徳堂

振徳堂

第31代飫肥藩主・伊東祐相(いとうすけとも)の命で、江戸時代後期の天保2年(1831年)に開設した飫肥藩の藩校が振徳堂(しんとくどう)。石垣に囲まれた広い敷地内に、長屋門と主屋が保存されています。明治時代、外交官として活躍した小村寿太郎も飫

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ