高千穂峡淡水水族館

高千穂峡淡水水族館

宮崎県西臼杵郡高千穂町、高千穂峡の玉垂の滝(たまだれのたき)の湧水を利用した高千穂町営の水族館が高千穂峡淡水水族館。ヤマメ、ドンコなど五ヶ瀬川水系に生息する淡水魚を中心に、チョウザメ、オヤニラミ、ニッポンバラタナゴ、アカメなど100種類の淡水魚・熱帯魚を飼育、展示している。

五ヶ瀬川に棲む魚を観察

ブラジル、アフリカに生息する熱帯淡水魚などをあわせ、1~2万匹に1匹の割合で生まれる「銀マス」などの珍しい魚など、多様な淡水魚を目にすることができます。
普段は風景ばかりが注目され、なかなか見ることがない高千穂峡を流れる五ヶ瀬川の水の中を覗いていると思うと、かなり興味深いものがあります。

釣り堀も併設され、釣り上げたニジマス(清流育ち)は、塩で防腐処理を施して持ち帰りが可能。
基本料金は竿と餌代で、釣り上げたニジマスは購入する仕組み。

高千穂峡淡水水族館のすぐ近くには、高千穂峡遊覧貸しボートの乗り場、真名井の滝があります。
玉垂の滝は、おのころ池の近く、柱状節理の岩壁から湧き出す水が滝となって落ちるもので、穴場的存在。

高千穂峡淡水水族館
名称 高千穂峡淡水水族館/たかちほきょうたんすいすいぞくかん
所在地 宮崎県西臼杵郡高千穂町向山60-1
関連HP 高千穂町観光協会公式ホームページ
電車・バスで 高千穂バスセンターからタクシーで8分
ドライブで 九州自動車道松橋ICから約70km
駐車場 御塩井駐車場(36台・有料)、高千穂大橋駐車場(30台・無料)、あららぎ駐車場(50台・有料)など
問い合わせ 高千穂峡淡水水族館 TEL:0982-72-2269
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

高千穂峡遊覧ボート

阿蘇山から噴出した火砕流が溶結してできた阿蘇溶結凝灰岩の台地を五ヶ瀬川が侵食して作り出した深いV字型の渓谷、高千穂渓谷。高さ80~100mもの柱状節理の断崖が高千穂峡を中心に東西20kmにわたり続いています。このすばらしい景観の核心部分とな

高千穂峡(真名井の滝)

国の天然記念物に指定された延長20kmにわたる「五箇瀬川峡谷(高千穂峡谷)」で、窓の瀬から下流4kmがその中心部。核心部には「日本の滝百選」に選ばれている真名井の滝(まないのたき)があり、ボート遊覧が楽しめます。天孫降臨伝説の天真名井(あま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ