桜井茶臼山古墳

桜井茶臼山古墳

奈良県桜井市にある墳丘長207mという巨大な前方後円墳が、桜井茶臼山古墳。桜井市外山にあるので、外山茶臼山古墳(とびちゃうすやまこふん)とも称されています。3世紀末、卑弥呼の墓とも推測される箸墓古墳(はしはかこふん)に後続する時期に築かれた大王墓です。国の史跡。

初期ヤマト王権の大王クラスの前方後円墳

鳥見山の尾根の末端を切断して築造された古墳時代初期の前方後円墳。
雑木林に覆われた丘陵と思われていた場所でしたが、戦後に古墳であることが判明、最初の発掘調査が行なわれたのは昭和24年のこと(竪穴式石室は盗掘を受けていました)。
平成21年には埋葬施設の調査も行なわれ、発掘調査で、斜縁二神二獣鏡の片、平縁の神獣鏡各1面、内行花文鏡3面、三角縁神獣鏡4種6面などの副葬品が見つかっています。

平成21年の調査では、竪穴式石室を取り囲むようにして建てられていた「丸太垣」と命名された柱列(推定150本)の痕跡が発見されたほか、81面以上の鏡が副葬されていたことが判明しています。

埋葬施設は調査後埋め戻されて確認できませんが、古墳内には自由に出入ることができます。
天皇陵などの指定がないため、200mクラスの大王墓にもかかわらず、近くにあるメスリ山古墳とともに、墳丘に立ち入ることができる貴重な存在です。
見学は、後円部側からが一般的ですが、整備されていないので、足元、さらにはハチなどの虫、蛇などに注意が必要。

ヤマト王権の推定される初期の大王墓は、その築年代と規模などから、1.箸墓古墳(3世紀後半)→2.西殿塚古墳(3世紀後半)→3.桜井茶臼山古墳(4世紀初頭)→4.メスリ山古墳(4世紀初頭)→5.行燈山古墳(4世紀前半)→6.渋谷向山古墳(4世紀後半)と継承、築造されたと推測されています。

桜井茶臼山古墳
名称 桜井茶臼山古墳/さくらいちゃうすやまこふん
所在地 奈良県桜井市外山
関連HP 桜井市公式ホームページ
電車・バスで JR・近鉄桜井駅から徒歩15分
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
箸墓古墳

箸墓古墳

奈良県桜井市にある古墳時代前期の大規模集落である纒向遺跡(まきむくいせき)の南端にある古墳が箸墓古墳(はしはかこふん)。全長280m、3世紀後半に築造されたと推測される日本最古の大型前方後円墳です。卑弥呼(ひみこ)の墓ではないかと考える研究

西殿塚古墳

西殿塚古墳

奈良県天理市中山町にある墳丘長219m(全国24位、奈良県12位)という巨大な前方後円墳が、西殿塚古墳(にしとのづかこふん)。大和古墳群(中山支群)のひとつで、宮内庁は、衾田陵(ふすまだのみささぎ)として第26代継体天皇皇后の手白香皇女(た

メスリ山古墳

メスリ山古墳

奈良県桜井市高田にある墳丘長244m(全国15位、奈良県7位)という巨大な前方後円墳が、メスリ山古墳。出土した初期の円筒埴輪などから、鳥見山古墳群の古墳で、同じ古墳群の桜井茶臼山古墳とともに、初期のヤマト王権の王墓だと推測されています。日本

行燈山古墳(崇神天皇陵)

行燈山古墳(崇神天皇陵)

奈良県天理市の柳本古墳群にある前方後円墳が行燈山古墳(崇神天皇陵)。墳丘長は242mという全国16位という巨大な古墳で、実際の被葬者は定かでありませんが、宮内庁は「山邊道勾岡上陵」(やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)として第10代

渋谷向山古墳(景行天皇陵)

渋谷向山古墳(景行天皇陵)

奈良県天理市にある柳本古墳群のひとつで、柳本古墳群では最大の古墳が渋谷向山古墳(しぶたにむかいやまこふん)。実際の被葬者は定かでありませんが、宮内庁は「山邊道上陵」(やまのべのみちのえのみささぎ)として第12代・景行天皇陵に治定しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ