小田原ブルーウェイブリッジ

小田原ブルーウェイブリッジ

神奈川県小田原市、小田原漁港をまたぐ西湘バイパスの道路橋が小田原ブルーウェイブリッジ。橋長270m、最大支間長122mのエクストラドーズド橋で、世界初の採用例。船が下を通ることができる高さを確保する必要で採用された工法で、この橋を皮切りに、エクストラドーズド橋が築かれるようになりました。

大野美代子デザインによる美しい橋

小田原ブルーウェイブリッジ

エクストラドーズド橋は、斜張橋に比べて主塔の高さが低いのが特徴で、桁橋と斜張橋の中間的な存在。
桁橋だと桁高が高くなり橋全体が重くなって基礎が大きくなってしまい、斜張橋では支間が短くなり経済的な負担が増えるということで、昭和63年にフランスのエンジニア、マティヴァ(Mathivat)が提唱した Extra(上方に)dosed(補強した)、エクストラドーズド橋が採用されたのです。

橋のデザインは、橋梁デザイナー草分け的な存在で、かつしかハープ橋(東京都葛飾区)、横浜ベイブリッジ(横浜市)、鶴見橋(広島市)、名港中央大橋(名古屋市)などを手掛けた大野美代子(おおのみよこ)。

橋の名前は公募により、4758通という応募の中から選ばれたもので、相模湾の美しい青い海に通ずる道で、小田原のランドマークという意味が込められています。

fib (国際コンクリート連合) の前身、国際プレストレス連盟(Federation Internationale de la Precontrainte)のFIP賞、土木学会田中賞、PC技術協会賞と、3つの賞を受賞。

小田原ブルーウェイブリッジ
小田原ブルーウェイブリッジ
名称 小田原ブルーウェイブリッジ/おだわらぶるーうぇいぶりっじ
所在地 神奈川県小田原市早川1-10
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
かつしかハープ橋

かつしかハープ橋

東京都葛飾区、綾瀬川と中川の合流地点に架る首都高速中央環状線の橋が、かつしかハープ橋。橋長455m(最大支間長220m)のゆるやかにカーブする斜張橋ですが、横浜ベイブリッジ、名港中央大橋なども手掛ける橋梁デザイナー・大野美代子のデザインによ

横浜ベイブリッジ

横浜ベイブリッジ

首都高速湾岸線、国道357号の本牧ふ頭A突堤(横浜市中区)から大黒ふ頭(鶴見区)に架かる全長860mのトラス斜張橋(吊橋)、横浜ベイブリッジ。平成元年9月27日に開通、塔高172m、ダブルデッキ形式の優美なプロポーションは、横浜のランドマー

名港トリトン・名港中央大橋

名港トリトン・名港中央大橋

名古屋港を横断する3つの連続する斜張橋の総称が名港トリトン(名港東大橋、名港中央大橋、名港西大橋)ですが、その中央に位置するのが名港中央大橋。名古屋港の埋立地(人工島)、金城ふ頭と潮見ふ頭をひとまたぎにする橋長1170m、中央径間590mと

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ