かつしかハープ橋

かつしかハープ橋

東京都葛飾区、綾瀬川と中川の合流地点に架る首都高速中央環状線の橋が、かつしかハープ橋。橋長455m(最大支間長220m)のゆるやかにカーブする斜張橋ですが、横浜ベイブリッジ、名港中央大橋なども手掛ける橋梁デザイナー・大野美代子のデザインによる世界初の曲線斜張橋(土木学会田中賞)。

世界初のS字型曲線斜張橋

かつしかハープ橋

「日本の橋の風景を変えた一人」ともいわれる大野美代子が、最初に手掛けた橋梁デザインがかつしかハープ橋。
S字状のカーブは、実は中川に設置された上平井水門を避けるための逃げ道ですが、直線の橋と比べ、「ねじれ」と呼ばれる雑巾を絞る時のような力が働く、そして路面勾配が生まれるため、構造設計が難しくなります。
その「ねじれ」問題を2つの主塔から点対称に配置された48本のケーブルで改称しているのです。
工事に着手したのが昭和52年12月15日、ハープ橋が完成したのが昭和62年9月8日なので、10年近く費やした難工事だったことが推測できます。
当時の『土木学会誌』には、「世界初の曲線斜張橋という新分野を開拓した橋梁」として紹介され「S字型曲線斜張橋として細部の意匠に細心の注意を払い」、「きわめて斬新かつ優美な景観を創造した橋梁」と絶賛されています。

かつしかハープ橋の構造形式は「一面吊りS字型の斜張橋」で、橋の名前は首都高速初の愛称公募で決められたもの。
ハープ部分を支える塔も、高さ65m、高さ29mと大きく異なり、リズムを生み出しています。

首都高速中央環状線の四つ木IC〜平井大橋IC間にあるので、通行の際はお見逃しなく。

夜にはライトアップされ、川面にハープの姿を映し出します。

かつしかハープ橋
名称 かつしかハープ橋/かるしかはーぷきょう
所在地 東京都葛飾区東四つ木1丁目〜西新小岩3丁目
ドライブで 首都高速中央環状線四つ木IC〜平井大橋IC間
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小田原ブルーウェイブリッジ

小田原ブルーウェイブリッジ

神奈川県小田原市、小田原漁港をまたぐ西湘バイパスの道路橋が小田原ブルーウェイブリッジ。橋長270m、最大支間長122mのエクストラドーズド橋で、世界初の採用例。船が下を通ることができる高さを確保する必要で採用された工法で、この橋を皮切

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ