京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都府京都市下京区、梅小路機関区の扇形庫を活用して開設された日本初の鉄道動態保存施設・梅小路蒸気機関車館を前身とする鉄道博物館が、京都鉄道博物館。大正3年築、旧梅小路機関区の扇形庫(せんけいこ)は、引き込み線などとともに国の重要文化財に指定されています。

本館のほか、梅小路機関車庫、旧二条駅舎を併設

京都鉄道博物館
扇形車庫(梅小路機関車庫)と転車台は国の重要文化財に指定

梅小路蒸気機関車館を前身に、大規模なリニューアルが行なわれ、平成28年4月29日にオープンしたのが、京都鉄道博物館。
「地域と歩む鉄道文化拠点」が基本コンセプトで、「鉄道を基軸とした事業活動を通じた地域の活性化に貢献する」がミッションとなっています。

駅のプラットホームをイメージし、O系新幹線などが展示される「プロムナード」から始まり、3階建ての本館、大正時代を代表するトラス構造を持つホームとして価値のある2代目京都駅のホームにトワイライトエクスプレスなどを展示する「トワイライトプラザ」、明治37年築の旧二条駅舎(移築保存、内部にミュージアムショップを設置)、蒸気機関車を展示する国の重要文化財の扇形車庫(梅小路機関車庫)と転車台、そして体験展示施設の「SLスチーム号」、連絡デッキから蒸気機関車検修の作業風景を見学することが可能な「SL第2検修庫」があります。

本館1階にはディーゼル車初の特急車両として投入された特急「くろしお」(キハ81-3)、ボンネット型車両の特急「雷鳥」(クハ489-1)などの実物車両を展示し、人気。

「プロムナード」に置かれた実際にブルートレインの食堂車として使用されていた車両を使った「食堂車・お弁当販売ブース」では、オリジナル弁当などを味わうことができます。
JR京都線や東海道新幹線などを眺めるレストランは、本館の2階に。

旧二条駅舎内の「ミュージアムショップ」では、鉄道ファン向けのグッズ、子供向けのグッズなどを多数販売。
本館3階には図書資料室もあり、『鉄道ファン』『鉄道ピクトリアル』『鉄道ジャーナル』などの雑誌、鉄道の車両・技術・歴史・文化などの概説書などを読むことができます(前日までの予約制)。

京都鉄道博物館
旧二条駅舎
京都鉄道博物館
名称 京都鉄道博物館/きょうとてつどうはくぶつかん
所在地 京都府京都市下京区観喜寺町
関連HP 京都鉄道博物館公式ホームページ
電車・バスで JR梅小路京都西駅からすぐ。または、JR京都駅から徒歩20分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 京都鉄道博物館 TEL:0570-080-462
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧二条駅舎(京都鉄道博物館)

旧二条駅舎(京都鉄道博物館)

京都府京都市下京区にある京都鉄道博物館に併設されるのが、旧二条駅舎。二条駅は、明治30年、京都鉄道の二条駅〜嵯峨駅(現・嵯峨嵐山駅)間開通に伴って開業した駅で、現存する建物は、明治37年6月に完成した京都鉄道本社屋を兼ねた初代の駅舎です(京

梅小路機関車庫(京都鉄道博物館)

梅小路機関車庫(京都鉄道博物館)

京都府京都市下京区にある京都鉄道博物館に併設されるのが、梅小路機関車庫。大正3年11月10日築の鉄筋コンクリート造りの扇形車庫(せんけいしゃこ)、転車台、そして20線の引込線は国の重要文化財、土木学会選奨土木遺産になっています。現存する日本

梅小路公園

梅小路公園

京都府京都市下京区、京都駅から西へ徒歩15分、東海道本線と山陰本線の分岐する京都の都心にある13.7haの都市公園が、梅小路公園。公園の北部に京都水族館、さらに西側にあるかつての梅小路機関車庫一帯を再生した京都鉄道博物館も建っています。都心

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ