多摩自然遊歩道

多摩自然遊歩道

神奈川県川崎市、多摩川沿いに細長く市域が続く川崎市の丘陵地帯などを結ぶ散策コースが多摩自然遊歩道。 南武線稲田堤駅・京王相模原線京王稲田堤駅と小田急小田原線の読売ランド前駅を結ぶ5.0km、所要3時間30分のコースがメインで、途中には川崎市農業技術支援センター、小沢城址などがあります。

多摩特別緑地保全地区を巡る散策ルート

多摩自然遊歩道

昭和53年に川崎市が設定した散策コース。
コース中には、小沢城址特別緑地保全地区、多摩特別緑地保全地区という川崎市の特別緑地保全地区(6.7ha)もあり、市街化が進む中でクヌギ、コナラなどが茂り、林床にホタルブクロが咲く貴重な緑が守られています(多摩自然遊歩道は、多摩特別緑地保全地区のワイズユース=「賢明な利用」の一環)。
麻生区市民健康の森植生調査(平成24年)によれば、一帯の植物は全部で479種が確認され、このうち自生種は300種を数えるのだとか(そのほかは、人が植栽したもの28種、庭などに植えられていたものが逃げ出した逸出種15種、明治以降日本に定着した帰化種39種など)。
自生種が多数を占めているということからも、この森の貴重さがよくわかります。

小沢城址、薬師堂、寿福寺(都心を眺望)、川崎市農業技術支援センター、多摩美ふれあいの森などがコース途中の見どころに。
桜の開花期には川崎市農業技術支援センター近くの菅さくら公園周辺で花見も可能。
一般道を歩く部分では車や自転車に注意が必要です。

南武線稲田堤駅・京王相模原線京王稲田堤駅〜(1.0km)〜薬師堂・トイレあり〜(1.25km)〜小沢城址〜(0.75km)〜寿福寺〜(0.4km)〜川崎市農業技術支援センター〜(1.6km)〜小田急小田原線読売ランド前駅

多摩自然遊歩道
多摩自然遊歩道
名称 多摩自然遊歩道/たましぜんゆうほどう
所在地 神奈川県川崎市多摩区
関連HP 川崎市公式ホームページ
問い合わせ 川崎市みどりの協働推進課 TEL:044-200-2380/FAX:044-200-3973
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小沢城

小沢城

神奈川県川崎市多摩区菅仙谷、稲城市との市境にある丘陵上に築かれた中世の城跡が小沢城。天然の要害となった丘陵で、鎌倉時代の初めに源頼朝の重臣、稲毛重成(いなげしげなり)の子、小沢重政(小沢小太郎)の居城だったと伝えられています。要衝に位置する

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ