小沢城

小沢城

神奈川県川崎市多摩区菅仙谷、稲城市との市境にある丘陵上に築かれた中世の城跡が小沢城。天然の要害となった丘陵で、鎌倉時代の初めに源頼朝の重臣、稲毛重成(いなげしげなり)の子、小沢重政(小沢小太郎)の居城だったと伝えられています。要衝に位置するため、たびたび戦乱の舞台にもなっています。

「多摩自然遊歩道」を利用しての散策も可能

多摩丘陵の先端、鎌倉街道、矢野口の渡し(多摩川の矢野口と調布を結ぶ渡船場、現在の多摩川原橋の下流側)を抑える交通の要衝に位置する小沢城。
南北朝時代の観応2年・正平6年(1351年)には足利直義(あしかがただよし=鎌倉幕府の有力御家人足利貞氏の三男で、建武の新政で鎌倉将軍府の長、湊川の戦いでは楠木正成を討ち取る)が小沢城に籠城し、鎌倉公方(かまくらくぼう=室町幕府の将軍が関東10か国を統治するために設置した鎌倉府の長官)の足利基氏(あしかがもとうじ=足利尊氏の四男)が攻め落としています。

享禄3年(1530年)、後北条氏の軍が小沢城に陣を構え、上杉朝興(うえすぎともおき)の軍勢を撃破していますが、これが北条氏康(ほうじょううじやす=北条氏綱の嫡男)の初陣(ういじん)です(『異本小田原記』)。
戦国時代以降は城としての機能を失い、江戸時代に入ると富士講の隆盛を背景に、浅間神社の祠を建立して富士塚として活用し、万延元年(1860年)建立の「富士登山三十三度大願成就記念碑」(富士講では、富士山に33回登拝すると大願成就するとされていました)などが残されています。

周囲から住宅地が迫る小沢城跡は緑地公園として保存され、空濠、物見櫓(やぐら)跡、土塁跡、井戸跡と類推される遺構が残されています。
小沢城址緑地保全地区に指定され、小田急小田原線の読売ランド前駅と南武線稲田堤駅・京王相模原線京王稲田堤駅とを結ぶ「多摩自然遊歩道」(5.0km、所要3時間30分)途中に位置しています。

また、小沢城の南側に、読売巨人軍室内練習場、読売ジャイアンツ球場があります。

小沢城
名称 小沢城/おざわじょう
所在地 神奈川県川崎市多摩区菅仙谷1-4
関連HP 川崎市公式ホームページ
電車・バスで JR・京王稲田堤駅から徒歩17分
ドライブで 中央自動車道稲城ICから約4km
問い合わせ 川崎市教育委員会 TEL:044-200-3261
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
多摩自然遊歩道

多摩自然遊歩道

神奈川県川崎市、多摩川沿いに細長く市域が続く川崎市の丘陵地帯などを結ぶ散策コースが多摩自然遊歩道。 南武線稲田堤駅・京王相模原線京王稲田堤駅と小田急小田原線の読売ランド前駅を結ぶ5.0km、所要3時間30分のコースがメインで、途中

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ