高樋沈下橋

中土佐町にある四万十川本流最上流の小さな沈下橋が高樋沈下橋(たかひちんかばし)。用水路のように流れる四万十川に架かりますが、かつては川が増水すると木製は流出し、遠くまで橋を拾いに行くこともしばしばだったとか。昭和40年に架橋された橋で、それ以前には農業用水の頭首工(取水堰)があった場所です。

大股沈下橋とも呼ばれる四万十川最上流の沈下橋

高知県道19号(窪川船戸線)沿いの中土佐町大野見大股に架かるので、大股沈下橋とも呼ばれています。
高樋沈下橋は、全長32.0m、幅員1.5mの沈下橋で、その幅員から二輪車までしか通行できません。

川が淀んでいるのは、すぐ下流に堰があるから。

大野見地区は、国の重要文化的景観に選定されています。

高樋沈下橋 DATA

名称 高樋沈下橋/たかひちんかばし
所在地 高知県高岡郡中土佐町大野見大股
関連HP 中土佐町公式ホームページ
ドライブで 高知自動車道中土佐ICから約23km
駐車場 なし
問い合わせ 中土佐町教育委員会 TEL:0889-52-2211/FAX:0889-52-4511
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材・写真協力/高知県

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ