伊尾木漁港石積堤

伊尾木漁港石積堤

高知県安芸市、「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定されるのが、伊尾木漁港石積堤。幕末に河野の郷士(在郷武士)・久保家によって漁港整備にと内港の開削が進められ、石組の防波堤が着工されましたが、藩の財政難から工事は中断。河野公園として石積堤の一部が保存されています。

隣接して道の駅大山があり、立ち寄りに絶好

伊尾木漁港石積堤

土佐藩の家老・野中兼山(のなかけんざん)が築造したとする記述も多く見かけ、江戸時代初期に新田開発や各地の港湾整備など、様々な土木事業を手がけた野中兼山にちなんで「兼山のあほう堀」ともいわれていますが、この漁港の工事が行なわれたのは野中兼山の死後のこと。

漁港を走る道沿いには道の駅大山があり、全体が河野公園として整備されているので、ドライブ途中の休憩にも絶好。
ただし、国道55号はトンネルで抜けてしまうのでご注意を。

冬には「だるま夕陽」を眺めることができます。

高知県内で、「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選定されるのは、伊尾木漁港石積堤のほか、室戸捕鯨関連文化遺産、久礼大正町市場の3件。

伊尾木漁港石積堤
名称 伊尾木漁港石積堤/いおきぎょこういしづみづつみ
所在地 高知県安芸市下山
関連HP 安芸市公式ホームページ
ドライブで 高知自動車道南国ICから約38km
駐車場 道の駅大山駐車場を利用
問い合わせ 安芸市商工観光水産課 TEL:0887-35-1011
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ