対馬野生生物保護センター

対馬野生生物保護センター

長崎県対馬市上県町、対馬の北部、棹崎公園(さおざきこうえん=棹崎砲台跡)にあるのが、対馬野生生物保護センター。ツシマヤマネコを中心に、対馬の希少野生生物保護の拠点として環境省、長崎県、対馬市合同の施設として平成9年に開館。ツシマヤマネコが公開され、見学することができます。

ツシマヤマネコの実物に出会う!

対馬野生生物保護センター

対馬には、ツシマヤマネコ、ツシマテン、ツシマサンショウウオ、ツシマアカガエル、ツシマスベトカゲ、ツシママムシ、チョウセンメクラチビゴミムシ、ツシマジカなどの固有種をはじめ大陸系、日本本土系など様々なルーツを持った生物たちがつくる独特の生態系が存在します。
地球の生物多様性、対馬の生物多様性についてが詳しく紹介。
対馬の生物多様性の象徴となるツシマヤマネコ(ベンガルヤマネコの極東亜種で、別名アムールヤマネコ)に関しても、ツシマヤマネコの生息環境を再現したジオラマや映像、骨格組み立てパズルなどで詳しく学ぶことができます。

またツシマヤマネコの生息状況、交通事故対策など、最新情報も知ることができます。

注目は、なかなか遭遇することのできないツシマヤマネコを公開展示していることで(マジックミラー越しに見学)、対馬市民からは「ヤマネコセンター」と呼ばれています。
ラウンジには「やまねこライブラリー」を備え、ツシマヤマネコや対馬に関する本を読むことができます。

対馬野生生物保護センター
名称 対馬野生生物保護センター/つしまやせいせいぶつほごせんたー
所在地 長崎県対馬市上県町佐護棹崎公園
関連HP 対馬野生生物保護センター公式ホームページ
電車・バスで 対馬空港からタクシーで1時間20分、厳原港からタクシーで1時間40分、比田勝港からタクシーで35分
ドライブで 対馬空港から約66km、厳原港から約77km、比田勝港から約25km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 対馬野生生物保護センター TEL:0920-84-5577/FAX:0920-84-5578
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
棹崎公園(棹崎砲台跡)

棹崎公園(棹崎砲台跡)

長崎県対馬市上県町、対馬の北部、「日本最北西端の碑」が立つ棹崎(さおざき)背後の高台に整備されるのが棹崎公園。断崖の上に建つ現在の対馬棹埼灯台は、昭和13年3月に設置された棹崎砲台の跡。豊砲台、城山砲台、姫神山砲台などとともに対馬要塞の対馬

対馬棹埼灯台

対馬棹埼灯台

長崎県対馬市上県町、対馬の北部、「日本最北西端の碑」が立つ棹崎(さおざき)背後の高台に整備されるのが棹崎公園。断崖の上に建つ現在の対馬棹埼灯台は、昭和42年3月30日、初点灯した灯台で、昭和13年3月に設置された棹崎砲台の第三砲座跡に建って

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ