柏島石堤

柏島石堤

高知県の西端、高知県幡多郡大月町の柏島にある石造りの護岸が、柏島石堤。江戸時代初期、土佐藩の執政(家老)・野中兼山が7年の歳月を費やして築いた石造防波堤で高知県の史跡。柏島の島民は石堤の横に野中兼山神社を建立し、野中兼山の偉徳を讃えています。

島の海峡側、集落横の2ヶ所に石堤が現存!

柏島石堤

豊後水道の出口にあたる柏島は、潮流が激しく、波の力も強いため島の浸食が進んでいました。
承応元年(1652年)~万治元年(1658年)の7年をかけて浸食防止、防波の石堤を構築しています。
島の北東部の集落を包囲して波浪から保護する高さ1間4尺(3m)、幅1間余(2m)、全長6町20間(654m)の堤、そして島の南東端から対岸の半島にむけて、水道の流速を緩和するために延伸した高さ1間半(1.8m)、幅2間(3.6m)、全長2町52間(310m)の堤の2ヶ所です。

この工事の完成で、集落の東側の海は穏やかな湾状となり良漁港となったのです。

現存する防波堤は、その後改修されてはいますが、規模と堤の形状はは当時のままで、基部に野中兼山時代の石組みが残存。
高知県道43号(柏島二ツ石線)の新柏島大橋を渡ったすぐの左手が海峡側の堤、そして柏島郵便局のある集落の海側の堤の2ヶ所です。

柏島石堤
柏島石堤
名称 柏島石堤/かしわじまいしづつみ
所在地 高知県幡多郡大月町柏島
ドライブで 松山自動車道西予宇和ICから約108km。または、高知自動車道中土佐ICから約115km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 大月町教育委員会 TEL:0880-73-1118
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
柏島

柏島

高知県幡多郡大月町、足摺宇和海国立公園に指定される大堂海岸の南にある、高知県の最西端に位置する島が柏島。高知県道43号(柏島二ッ石線)の新柏島大橋で陸側と結ばれています。釣りでも有名で、『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック! 』(

野中兼山邸跡

野中兼山邸跡

高知県香美市土佐山田町にある江戸時代初期の土佐藩執政(家老)・野中兼山の邸跡が、野中兼山邸跡。同じ土佐山田町の山田堰築造、柏島石堤を構築するなど、積極的なインフラ整備が庶民の生活を圧迫し、怨嗟の声が高まって失脚。別宅「明夷軒」に蟄居し、3ヶ

野中兼山一族幽閉地

野中兼山一族幽閉地

高知県宿毛市、宿毛小学校のプール近くにあるのが野中兼山一族幽閉地。江戸時代初期の土佐藩家老・野中兼山は、港湾整備や新田開発などのインフラ整備に尽力しますが、過酷の労働への反発、さらには庶民の生活を圧迫し、怨嗟の念が高まって失脚。一族は宿毛に

新柏島大橋

新柏島大橋

高知県幡多郡大月町、高知県西南端、大月半島の先端に位置する柏島と四国本土を結ぶ橋が新柏島大橋。昭和42年、柏島大橋が完成し、それまで渡船で行き来した島が結ばれましたが、平成5年8月に高知県道43号(柏島二ッ石線)の新橋として架橋されたのが新

野中兼山像

野中兼山像

高知県長岡郡本山町の帰全山公園(きぜんざんこうえん)に立つのが、野中兼山像(のなかけんざんぞう)。高知平野の水田開発、築港整備などで辣腕を発揮した高知藩の執政(家老)、野中兼山の銅像が帰全山公園に立つのは、公園に野中兼山の母・秋田万(あきた

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ