板橋区立赤塚植物園

板橋区立赤塚植物園

東京都板橋区赤塚5丁目、東京大仏で有名な乗蓮寺の南にある区立の植物園が、板橋区立赤塚植物園。武蔵野の面影を色濃く残す赤塚の丘陵地を活用して昭和56年に開園。本園、万葉・薬用園、農業園の3つのエリアで構成されています。

武蔵野の面影が残る散策スポット

中心となる面積1haほどの本園は、樹木見本園で、樹下には野草も生育。
日本庭園、梅林、ボタン園、バラ園、サクラの園、ツツジの山などがあり、四季の花を楽しむことができます。
散策路も「四季の道・春夏」、「四季の道・秋冬」があり、それぞれの沿道にその季節に咲く花が植栽されています。

万葉・薬用園には、『万葉集』に詠まれた植物や薬用植物が植栽され、ハナショウブ咲く湿地、毒のあるヤマトリカブトなど多彩です。

農業園には子供たちが作業する農園が配され、畑、果樹園、芝生広場があります。

板橋区には、板橋区立熱帯環境植物館がありますが、新河岸川沿いで徒歩での移動だと、都立赤塚公園経由で40分ほど必要です。

板橋区立赤塚植物園
名称 板橋区立赤塚植物園/いたばしくあかつかしょくぶつえん
所在地 東京都板橋区赤塚5-17-14
関連HP 板橋区公式ホームページ
電車・バスで 東武東上線成増駅・下赤塚駅から徒歩18分
駐車場 なし
問い合わせ 板橋区立赤塚植物園 TEL:03-3975-9127/開花情報(録音音声案内)TEL:03-3938-1000
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

乗蓮寺(東京大仏)

東京都板橋区赤塚にある乗蓮寺は、徳川家康から10石の朱印地を寄進された浄土宗の寺。8代将軍・徳川吉宗は、鷹狩の際の「御小休・御膳場」に使っています。境内に鎮座する東京大仏は、東京大空襲、関東大震災などの悲惨な戦災・震災が起きないように願いを

板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)

板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)

板橋清掃工場の余熱を利用して東南アジアの熱帯雨林を立体的に再現した省エネルギー型の施設が板橋区立熱帯環境植物館(通称:グリーンドームねったいかん)。潮間帯植生、熱帯低地林、集落景観の3つの温室に、熱帯の高山帯の雲霧林を再現した冷室、さらに地

赤塚城

赤塚城

東京都板橋区赤塚5丁目、都立赤塚公園の一部となっている中世の平山城が、赤塚城(あかつかじょう)。康正2年(1456年)、下総千葉氏の内紛(市川合戦)に敗れた千葉自胤(ちばよりたね)が、市川城(現・千葉県市川市)から居城を太田道灌の支配下に移

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ