大棧橋

大棧橋

秋田県男鹿市、男鹿半島の西海岸にある奇岩が大棧橋(だいさんきょう)。波の浸食によって空洞のできた高さ10mの天然の石橋で、男鹿半島・大潟ジオパークのジオサイトのひとつ。現在は陸続きになっていますが、江戸時代の初めには陸から離れていたことが記録されています。

男鹿半島観光遊覧船で海上から見学も可能

3000万年前の火山活動で生まれた玄武岩質の岩を日本海の波が削り、洞門となったもの。

「おが潮風街道」と呼ばれる秋田県道59号男鹿半島線からも眼下に眺めることができますが、夏期に運航される男鹿半島観光遊覧船「シーバード」の水族館クルーズ(船川港〜門前漁港〜戸賀港・男鹿水族館GAO)、西海岸周遊クルーズ(船川港〜門前漁港〜船川港)に乗船すれば、海上から見学することができます。

大棧橋
名称 大棧橋/だいさんきょう
所在地 秋田県男鹿市船川港椿
関連HP 男鹿市公認観光情報サイト
ドライブで 秋田自動車道昭和男鹿半島ICから約38km
問い合わせ 男鹿市観光協会 TEL:0185-24-4700
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ