不均質な自然と人の美術館

不均質な自然と人の美術館

大分県豊後高田市、長崎鼻リゾートキャンプ場の中央広場に建つのが、不均質な自然と人の美術館。展示される作品は、「テクノロジーを介して、自然と人とがインタラクティブ(相互)に触れ合うこと」をテーマにしたデジタルアート作品という異色の美術館です。

訪れるタイミングによって違った表情の作品

不均質な自然と人の美術館
「太陽と月の部屋」

この斬新な美術館を生み出したのは、福岡を拠点に活動するクリエイティブ・ラボ「anno lab」(あのラボ)で、anno lab初の常設美術館として令和2年8月1日にオープン。

通常、美術品は均質化され、常に同じ状態が保たれ、いつ誰が見ても同様の体験が得られるように設計されています。
これに対して自然界は、雨上がりの虹、朝霧に包まれる森という風に、不均質なものであり、その時々で変化していく体験が、感動を生み出します。

展示される美術作品は、太陽の光や天候、風力・風向など、美術館の周りの自然環境、そして訪れた人の状態をセンサーなどのテクノロジーを用いて直接的、間接的に取り入れ、自然と人の「不均質性」あるいは人工物の「均質性」を際立たせています。

美術館は、「太陽と月の部屋」、「海の部屋」、「森の部屋」の3つの部屋で構成、太陽と月の動きや、風の向きといった自然の要素を取り入れた作品は、訪れるタイミングによって違った表情を見せてくれます。

作品は、自然の光を感じ、触れ合うことができるアート空間「太陽と月の部屋」(the Sun and Moon Room)、空中に浮かぶ不思議な水の玉と触れ合うことができるアート空間「海の部屋」(the Sea Room)、森に息吹く無数の生命を感じさせる音と映像に包まれるアート空間「森の部屋」(the Forest Room)の3つで、館内は撮影もOK(ただしフラッシュ撮影は不可)。

「太陽と月の部屋」は、部屋の上部に設置された窓から差し込む自然光で、作品の表情が変化する仕掛け。
「海の部屋」は、美術館周辺の海の潮の満ち引きや波の高さによって、ゆるやかに色や動きが変化。
「森の部屋」は、美術館の周囲の森の風などの要素を元に刻々と変化していく仕組みです。

不均質な自然と人の美術館
「海の部屋」
不均質な自然と人の美術館
「森の部屋」
不均質な自然と人の美術館
名称 不均質な自然と人の美術館/ふきんしつなしぜんとひとのびじゅつかん
所在地 大分県豊後高田市4060 長崎鼻リゾートキャンプ場内
関連HP 不均質な自然と人の美術館公式ホームページ
電車・バスで JR宇佐駅から大交北部バスで55分、長崎鼻キャンプ場入口下車、徒歩10分。または、JR宇佐駅からタクシーで35分
ドライブで 宇佐別府道路宇佐ICから約29km
駐車場 300台/有料
問い合わせ 豊後高田市観光まちづくり株式会社 TEL:0978-23-1860
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
長崎鼻灯台(香々地灯台)

長崎鼻灯台(香々地灯台)

リゾートとして海水浴場やキャンプ場が整備されている豊後高田市の長崎鼻の突端に建つ、小さな灯台が香々地灯台(かかじとうだい)。昭和26年9月に初点灯。灯台脇には小さな東屋もあり、ここからの周防灘に沈む日没は見事。大分県ではこの国東半島西海岸が

長崎鼻海水浴場

長崎鼻海水浴場

国東半島の西海岸、大分県豊後高田市の長崎鼻の東側に造られた、汀線300mの砂浜の海水浴場。波戸海岸環境整備事業によって造られた白砂の美しい人工海浜の浜辺と、その背後に位置する多目的広場があり、夏は海水浴で賑わいわみせます。白砂が敷き詰められ

長崎鼻海蝕洞穴(行者洞窟)

長崎鼻海蝕洞穴(行者洞窟)

国東半島から周防灘(すおうなだ)に突き出した岬が、長崎鼻。岬一帯には海蝕洞窟が15ヶ所もあり、長崎鼻リゾートキャンプ場のお祭り広場近くにある行者洞窟は、その代表的な存在。この海蝕洞は両子火山群(ふたごかざんぐん)の火山活動によってできた凝灰

長崎鼻リゾートキャンプ場

長崎鼻リゾートキャンプ場

大分県豊後高田市、周防灘(すおうなだ)に突き出した長崎鼻にある通年営業のオートキャンプ場が長崎鼻リゾートキャンプ場。ロケーションは抜群で、小さな岬先端の西側がキャンプ場、東側が海水浴場、周辺が菜の花、ヒマワリなどの花畑。ログハウスなど宿泊目

長崎鼻ビーチリゾート

長崎鼻ビーチリゾート

大分県豊後高田市、半島全体がリゾートとなり、海岸には長崎鼻海水浴場が整備される長崎鼻の海ゾーンにあるのが長崎鼻ビーチリゾート。キャンピングトレーラー、グランピングでの宿泊、タラソテラピーでの癒やし、BBQ、シーカヤック、SUP、釣り、ヨガ、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ