長崎鼻ビーチリゾート

長崎鼻ビーチリゾート

大分県豊後高田市、半島全体がリゾートとなり、海岸には長崎鼻海水浴場が整備される長崎鼻の海ゾーンにあるのが長崎鼻ビーチリゾート。キャンピングトレーラー、グランピングでの宿泊、タラソテラピーでの癒やし、BBQ、シーカヤック、SUP、釣り、ヨガ、そしてサウナとアクティビティも充実。

キャンピングトレーラーでの宿泊が人気

長崎鼻海水浴場の背後、長崎鼻の海ゾーンにあるのが長崎鼻ビーチリゾート(コテージなどがある森ゾーンは長崎鼻リゾートキャンプ場で運営会社が異なります)。
宿泊は1日10組限定というキャンピングトレーラー(冷暖房完備)で、「ビーチから徒歩10秒」という絶好のロケーションです。

手ぶらで優雅なアウトドア体験が可能なグランピングは、ストーブ完備なので冬もOK。
スノーピーク社製の高機能キャンプセットも用意され、手ぶらでのキャンプも可能です。

アウトドアの醍醐味である焚き火を楽しみたい場合には、焚き火道具がセットのプランも用意(焚き火台、薪、着火剤、マッチを用意)。

ペットプランは、1日1組に限り、ペット同伴での宿泊ができます(ペット用ゲージ、トイレシートが用意されています)。

シーカヤック(レンタル)、SUP(レンタル)、ビーチヨガ、SUPヨガ、ビーチを囲む堤防での釣りなども可能なので、滞在してのんびりするのがおすすめです。

長崎鼻ビーチリゾート
SUPはレンタル可能

タラソテラピー「花の岬」

タラソテラピーとは、身体の自然なバランスを取り戻すことを目的とした自然療法で、タラソ(海洋)+テラピー(療法)の造語。

長崎鼻で春に咲く菜の花の種(菜種)、夏に咲くヒマワリの種から、「無添加一番搾り」の植物油(菜種油、ヒマワリ油)を採取(油かすは園芸用肥料や、家畜用飼料に活用されています)。

事前予約で、この無添加のオーガニックオイル(ヒマワリオイル)を使ったトリートメントプログラムを体験することができます(フェイシャルには、フランス製オーガニック・バナナ・オイルを使用)。

長崎鼻ビーチリゾート

海に飛び込む「アウトドアサウナ」

サウナブームを背景に、絶景ビーチでトレーラーサウナを貸切利用することができます(最大利用者数は1台あたり4名)。
海に飛び込む「アウトドアサウナ」が、キャッチフレーズで、2台のトレーラーサウナがスタンバイしています。

長崎鼻ビーチリゾート
名称 長崎鼻ビーチリゾート/ながさきばなびーちりぞーと
所在地 大分県豊後高田市見目4080
関連HP 長崎鼻ビーチリゾート公式ホームページ
電車・バスで JR宇佐駅から大交北部バスで55分、長崎鼻キャンプ場入口下車、徒歩10分。または、JR宇佐駅からタクシーで35分
ドライブで 宇佐別府道路宇佐ICから約29km
駐車場 300台/有料
問い合わせ 長崎鼻ビーチリゾート TEL:070-4166-9230
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
長崎鼻灯台(香々地灯台)

長崎鼻灯台(香々地灯台)

リゾートとして海水浴場やキャンプ場が整備されている豊後高田市の長崎鼻の突端に建つ、小さな灯台が香々地灯台(かかじとうだい)。昭和26年9月に初点灯。灯台脇には小さな東屋もあり、ここからの周防灘に沈む日没は見事。大分県ではこの国東半島西海岸が

長崎鼻海水浴場

長崎鼻海水浴場

国東半島の西海岸、大分県豊後高田市の長崎鼻の東側に造られた、汀線300mの砂浜の海水浴場。波戸海岸環境整備事業によって造られた白砂の美しい人工海浜の浜辺と、その背後に位置する多目的広場があり、夏は海水浴で賑わいわみせます。白砂が敷き詰められ

長崎鼻海蝕洞穴(行者洞窟)

長崎鼻海蝕洞穴(行者洞窟)

国東半島から周防灘(すおうなだ)に突き出した岬が、長崎鼻。岬一帯には海蝕洞窟が15ヶ所もあり、長崎鼻リゾートキャンプ場のお祭り広場近くにある行者洞窟は、その代表的な存在。この海蝕洞は両子火山群(ふたごかざんぐん)の火山活動によってできた凝灰

長崎鼻リゾートキャンプ場

長崎鼻リゾートキャンプ場

大分県豊後高田市、周防灘(すおうなだ)に突き出した長崎鼻にある通年営業のオートキャンプ場が長崎鼻リゾートキャンプ場。ロケーションは抜群で、小さな岬先端の西側がキャンプ場、東側が海水浴場、周辺が菜の花、ヒマワリなどの花畑。ログハウスなど宿泊目

大分県の大自然サウナ6選

世界初の鍾乳洞サウナも! 大分県の大自然サウナ6選

日本最大の源泉数・湯出量を誇る「おんせん県・大分」で、温泉がない街として地元では有名な豊後大野市では、稲積水中鍾乳洞を水風呂として利用する世界唯一の鍾乳洞サウナを新設。大自然を活かしたユニークな大自然サウナ6ヶ所を、豊後大野市、豊後高田市か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ