新柏島大橋

新柏島大橋

高知県幡多郡大月町、高知県西南端、大月半島の先端に位置する柏島と四国本土を結ぶ橋が新柏島大橋。昭和42年、柏島大橋が完成し、それまで渡船で行き来した島が結ばれましたが、平成5年8月に高知県道43号(柏島二ッ石線)の新橋として架橋されたのが新柏島大橋です。

新柏島大橋で柏島へは、ひとまたぎ!

新柏島大橋

高知県道43号(柏島二ッ石線)は、柏島地区にとっては唯一の生活・産業道路。
大堂トンネル(全長1923m)で断崖が続く大同海岸をスルーし、狭隘道路を脱却し、全線2車線化と新柏島大橋の完成で、柏島へのアプローチがスピードアップ(国道321号分岐〜柏島が20kmから13kmに短縮)。

新柏島大橋横に生活道路として今も残る柏島大橋が1車線という当時のアクセスを物語っています。

橋を渡った先の広い駐車場は、かつて柏島中学校(廃校)のグラウンドだった場所。
橋のたもとには小規模ながら柏島ビーチがあります。

新柏島大橋
名称 新柏島大橋/しんかしわじまおおはし
所在地 高知県幡多郡大月町柏島
ドライブで 松山自動車道西予宇和ICから約108km。または、高知自動車道中土佐ICから約115km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
柏島

柏島

高知県幡多郡大月町、足摺宇和海国立公園に指定される大堂海岸の南にある、高知県の最西端に位置する島が柏島。高知県道43号(柏島二ッ石線)の新柏島大橋で陸側と結ばれています。釣りでも有名で、『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック! 』(

柏島石堤

柏島石堤

高知県の西端、高知県幡多郡大月町の柏島にある石造りの護岸が、柏島石堤。江戸時代初期、土佐藩の執政(家老)・野中兼山が7年の歳月を費やして築いた石造防波堤で高知県の史跡。柏島の島民は石堤の横に野中兼山神社を建立し、野中兼山の偉徳を讃えています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ