牧野富太郎像

牧野富太郎像

高知県高知市五台山、高知県立牧野植物園の南園にあるのが「日本の植物分類学の父」といわれる植物学者・牧野富太郎の採取風景をイメージして制作されたブロンズ像、牧野富太郎像。牧野富太郎の業績を顕彰する高知県立牧野植物園に、昭和49年に造立。

カラカサタケを手にする牧野富太郎像は本郷新の作

牧野富太郎像を制作したのは稚内の「氷雪の門」、釧路・幣舞橋の「冬の像」、函館・啄木小公園の「石川啄木」などで知られる彫刻家・本郷新(ほんごうしん)。

牧野富太郎は、晩年の昭和26年頃、「高知県には植物園、博物館が必要である」と高知県に要望。
牧野富太郎の没した翌年、昭和33年に「県営牧野植物園」(現・高知県立牧野植物園)が開園したのです。

カラカサタケを手にする牧野富太郎像は、当時の山脇哲臣(やまわきてっしん)園長(「牧野植物園のイゴッソウ、テッシンさん」)らが中心となり、募金を集め全額寄付で建立されたもの。
牧野富太郎の功績を後世に伝承するにあたり、シンボル的なものが必要と考えてのこと。
カラカサタケ(別名・ニギリタケ)が選ばれた理由は定かでありませんが、「にぎりたけ にぎりがいなき ほそさかな」という句も残しており、昭和3年には恐山の山中でカラカサタケを手にする「カラカサタケの舞」という写真も残しているので、いちばん絵になる姿ということからかもしれません。

ちなみに牧野富太郎は、文久2年(1862年)、土佐国佐川村(現・高知県高岡郡佐川町)に生誕。
牧野富太郎像は、高知県内に16ヶ所ある「土佐偉人銅像」のひとつに数えられています。

牧野富太郎像
名称 牧野富太郎像/まきのとみたろうぞう
所在地 高知県高知市五台山4200-6
関連HP 高知県立牧野植物園公式ホームページ
電車・バスで JR高知駅からタクシーで20分
ドライブで 高知自動車道高知ICから約8km。高知龍馬空港から約15km
駐車場 195台/無料
問い合わせ 高知県立牧野植物園 TEL:088-882-2601
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高知県立牧野植物園

高知県立牧野植物園

高知県が生んだ植物学者で、「日本の植物学の父」牧野富太郎(まきのとみたろう)博士の業績を顕彰する施設として、高知市五台山に昭和33年に開園した施設が高知県立牧野植物園。高知県の植物を中心に牧野博士ゆかりの植物など約3000種類の植物が植えら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ