永保寺

永保寺

岐阜県多治見市虎渓山町にある臨済宗南禅寺派の名刹、永保寺(えいほうじ)。山号の虎渓山(こけいざん)の名称は景色が中国江西省の廬山(ろざん)の麓にある絶景の地・虎渓(こけい)に似ていることに由来。正和2年(1313年)に守護大名・土岐頼貞(ときよりさだ)の招きで夢窓疎石(むそうそせき)が虎渓庵に滞在し開山したのが永保寺です。

観音堂、開山堂は国宝、庭園は国の名勝!

三河の大徳寺(現・愛知県新城市)に逗留中の臨済宗の禅僧で、作庭家としても有名な夢窓疎石は、土岐頼貞の招きで土岐頼貞の父・土岐光定(ときみつさだ/美濃の有力御家人で、正室は執権北条貞時の娘)の33回忌を定林寺で厳修。
夢窓疎石は、庵を結び、の観世音菩薩像を本尊とし、正和3年(1314年)、観音堂を建立したと伝えられています。
南北朝時代の暦応2年(1339年)、北朝の光明天皇勅願所となり、以降は繁栄しますが、明治の廃仏毀釈で衰退。
雲水の修行道場(僧堂)である虎渓山専門道場を併設し、美しい庭園など往時の姿を今に留めています。

観音堂(本堂)は円覚寺舎利殿(神奈川県鎌倉市)と同様に鎌倉末期の禅宗様建築の代表作で、国宝。
観応3年(1352年)築の開山堂(僊壺堂=せんこどう)もやはり国宝。

観音堂前の庭園は、夢窓疎石の作庭した代表的な庭園のひとつで国の名勝になっています。
臥竜池(心字池)に屋形のある反り橋の無際橋がかかり、 禅林風名庭の典型。

ちなみに夢窓疎石は、正和元(1312年)、三河の大徳寺(現・愛知県新城市)を開山していますが、その翌年、38歳のときに大徳寺からこの地を訪れ、4年間滞在しています。

名称 永保寺/えいほうじ
所在地 岐阜県多治見市虎渓山町1-42
関連HP 永保寺公式ホームページ
電車・バスで JR多治見駅からタクシーで7分
ドライブで 中央自動車道多治見ICから約2.2km
駐車場 100台/無料TEL:0572-22-0351/FAX:0572-22-0091
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
永保寺・開山堂

永保寺・開山堂

守護大名・土岐頼貞(ときよりさだ)の招きで臨済宗の僧・夢窓疎石(むそうそせき)が開いたといわれる岐阜県多治見市の名刹、永保寺。夢窓疎石は、同門の元翁本元(げんのうほんげん)に寺を譲り、開山としています。永保寺開創の夢窓疎石、開山の元翁本元の

永保寺・観音堂

永保寺・観音堂

岐阜県多治見市虎渓山町にある臨済宗南禅寺派の寺、虎渓山永保寺(こけいざんえいほうじ)。守護大名・土岐頼貞(ときよりさだ)の招きで、臨済宗の僧・夢窓疎石(むそうそせき)が開いたとされる名刹ですが、本堂である観音堂は、夢窓疎石滞在中の正和3年(

永保寺庭園

永保寺庭園

守護大名・土岐頼貞(ときよりさだ)の招きで臨済宗の僧・夢窓疎石(むそうそせき)が開いたといわれる岐阜県多治見市の名刹、永保寺。国宝に指定される観音堂の前に広がる庭園(永保寺庭園)は創建直後に作庭したと推測できる庭で、国の名勝。観音堂へ渡る橋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ