日本三大こけしとは!?

日本三大こけしとは!?

伝統こけしは、青森県の津軽系、秋田県の木地山系、鳴子系、岩手県の南部(花巻系)山形県の肘折系、蔵王系、山形県と宮城県の作並系、宮城県の鳴子系、弥治郎系、遠刈田系、福島県の土湯系の10系統に大別されますが、鳴子こけし、遠刈田こけし、土湯こけしが日本三大こけしです。

鳴子こけし|鳴子温泉

場所:宮城県大崎市鳴子温泉
特徴:大きな頭、中程がやや細くなった安定感のある胴と菊の模様
ろくろの回転で生じる熱を利用して首を胴に差し込んだ「はめ込み式」の構造
関連施設:日本こけし館/絵付け体験も可能

日本こけし館

日本こけし館

宮城県大崎市鳴子温泉、鳴子峡入口の鳴子公園にあり、大きなこけしが目印の博物館が日本こけし館。詩人で童話作家の故・深沢要(ふかざわかなめ)のコレクションを中心に日本全国から集められた伝統こけしを収蔵展示する施設で、こけし製作の実演も行なわれ、

遠刈田こけし|遠刈田温泉

場所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉
特徴:日本の伝統こけしのルーツ
菊など八重の華麗な手描きの花模様が中心(華麗さにおいては、こけしの各系統の中でも一番)
赤い放射線模様を、頭にいただく
ろくろの回転で生じる熱を利用して首を胴に差し込んだ「はめ込み式」の構造
頭の割に胴が細い
関連施設:みやぎ蔵王こけし館/絵付け体験も可能

みやぎ蔵王こけし館

みやぎ蔵王こけし館

宮城県刈田郡蔵王町、蔵王エコーラインの宮城側入口、遠刈田温泉(とおがったおんせん)にある蔵王町伝統産業会館が、みやぎ蔵王こけし館。遠刈田系こけし・弥治郎系こけし・鳴子系こけし・作並系こけしの4つの伝統こけしが発祥する宮城県の伝統こけしを展示

土湯こけし|土湯温泉

場所:福島県福島市土湯温泉町
特徴:頭に墨の蛇の目模様
前髪と髪の間にカセと言われる髪飾り、そしてクジラ目にたれ鼻、おちょぼ口
ろくろの回転で生じる熱を利用して首を胴に差し込んだ「はめ込み式」の構造
胴は、簡素なろくろ模様が主体
関連施設:土湯温泉観光交流センター「湯愛舞台」(ゆめぶたい)/絵付け体験も可能

土湯温泉観光交流センター「湯愛舞台」

土湯温泉観光交流センター「湯愛舞台」

福島県福島市土湯温泉町、土湯温泉にある情報発信拠点が土湯温泉観光交流センター「湯愛舞台」(ゆめぶたい)。鳴子こけし(宮城県大崎市)、遠刈田こけし(宮城県蔵王町)とともに日本三大こけしに数えられる「土湯こけし」の絵付け体験が可能な「こけし制作

日本三大こけしとは!?
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ