日本三大祇園祭とは!?

日本三大祇園祭

京、感神院祇園社(現在の八坂神社)の祭礼『祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)』が祇園祭のルーツ。全国の祇園社、天王社で行なわれてきましたが、そのうち、京の祇園祭と、会津田島祇園祭(福島県南会津町)、尾張津島天王祭(愛知県津島市)、博多祇園山笠(福岡県福岡市)が日本三大祇園祭(候補は4ヶ所)と呼ばれています。

そもそも祇園祭とは

日本における神仏習合の神である牛頭天王(ごずてんのう=本地仏は薬師如来)を祀ったのが京の感神院祇園社。
釈迦の生誕地に因む祇園精舎(ぎおんしょうじゃ=釈迦が説法を行った場所)の守護神とされ、
平安時代末期には疫病神・厄病神(やくびょうがみ)を鎮め退散させるために花笠や山鉾を出し、平安京の市中を練り歩いた御霊会(ごりょうえ=御霊による祟りを防ぐための鎮魂儀礼)が『祇園祭』のルーツです。

中世に牛頭天王信仰(祇園信仰)の隆盛で、感神院祇園社から分霊を勧請されて全国の祇園社、天王社が創建されたのです(その数は現在2300社にも及びます)。

明治初年の神仏分離、廃仏毀釈で祇園感神院は素戔嗚尊 (すさのをのみこと)を祀る八坂神社となり、全国の祇園社、天王社も神社に改められたのです。

祇園祭

祭礼日:毎年7月1日~7月31日/クライマックスは、7月17日、7月24日の山鉾巡行
場所:京都市
歴史:貞観年中(859年~877年)創始
内容:山鉾、花笠が京の市中を巡行
文化財指定ほか:国の重要無形民俗文化財、「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産/日本三大祭、京都三大祭、日本三大曳山祭

祇園祭

祇園祭|京都市

毎年7月1日~7月31日、日本三大祭『祇園祭』が京都・八坂神社をはじめ氏子区域一帯で開かれます。八坂神社は全国各地の祇園社の本社で、各地で行なわれる『祇園祭』もここがルーツ。貞観年中(859年~877年)、京に疫病が流行したときに創始された

会津田島祇園祭

祭礼日:毎年7月22日〜7月24日/7月22日が宵祭、23日が本祭、24日が太々御神楽祭
場所:福島県南会津町
歴史:文治年間(1185年〜1189年)、領主・長沼宗政の祇園信仰から牛頭天王(神仏習合時代の神)を居城鎮護、厄除として祀ったのが始まりで、田島の鎮護・田出宇賀神社が『祗園祭』を取り入れました。
内容:屋台運行のほか、7月23日の七行器(ななほかい/食物を入れて持ち運ぶのに用いる器を7つ用意)行列がハイライト(「日本一の花嫁行列」とも)。
文化財指定ほか:国の重要無形民俗文化財(田島祇園祭のおとうや行事)

会津田島祇園祭

会津田島祇園祭|南会津町

毎年7月22日〜7月24日、福島県南会津町田島で『会津田島祇園祭』が行なわれます。田出宇賀神社と熊野神社の祭礼で、「日本三大祇園」(諸説あります)にも数えられています。7月22日が宵祭、23日が本祭、24日が太々御神楽祭で、祭礼中の重儀(最

尾張津島天王祭

祭礼日:毎年7月第4土・日曜/土曜が宵祭、日曜が朝祭
場所:愛知県津島市
歴史:室町時代に創始。津島神社(神仏習合時代には津島牛頭天王社)は織田家の産土神(うぶすながみ)で、織田信長も見学。
内容:土曜の宵祭には、提灯が飾り付けられた巻藁舟5艘が津島楽を奏しながら(試楽)御旅所に漕ぎ渡り、日曜の朝祭は、市江車(いちえぐるま)を先頭に6艘の車楽船が能の出し物をかたどった置物を飾り、楽を奏でながら漕ぎ進みます。
文化財指定ほか:国の重要無形民俗文化財(「尾張津島天王祭の車楽舟行事」)、尾張津島天王祭車楽(だんじり)舟行事としてユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録/日本三大提灯祭、日本三大川祭

尾張津島天王祭

尾張津島天王祭|津島市|2019

2019年7月27日(土)~7月28日(日)、愛知県津島市で『尾張津島天王祭』が行なわれます。近世まで津島牛頭天王社(つしまごずてんのうしゃ)と呼ばれた津島神社の祭事で、酷暑の夏に、疫病が流行しないように祈願する祭りで東海地方各地の『祇園祭

博多祇園山笠

祭礼日:毎年7月1日〜7月15日/7月10日から「山舁き」(やまかき)が始まり、博多祇園山笠のクライマックスが7月15日の「追い山」
場所:福岡県福岡市
歴史:櫛田神社氏子の祇園神(素戔嗚尊)に対する奉納神事。鎌倉時代の仁治2年(1241年)、博多で疫病が流行した際、承天寺の開祖で自住の聖一国師(円爾)が博多の町民に担がれた木製の施餓鬼棚に乗り水を撒きながら町を清めてまわり疫病退散を祈祷したことが始まり。
内容:7月15日の「追い山」がクライマックスで、早朝4:59、一番山笠が櫛田入り奉納を皮切りに、合計8つの山笠が次々に櫛田入りを行ない、博多の町へと出ていく。
文化財指定ほか:国の重要無形民俗文化財、環境省の「残したい日本の音風景100選」選定、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録

博多祇園山笠

博多祇園山笠|福岡市

毎年7月1日〜7月15日、福岡県福岡市で『博多祇園山笠』が行なわれます。櫛田神社氏子の祇園神(素戔嗚尊)に対する奉納神事。夏を無事に越したいと願う祭りとして始まったと祭礼。7月10日から「山舁き」(やまかき)が始まり、博多祇園山笠のクライマ

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大祭

日本三大祭とは!?

日本三大〇〇に関しては、自然発生的なものが多く、日本三大祭に関してもいわゆる「選者不明」の三大のひとつ。一般的にはその歴史、伝統、規模などを鑑みて、東京・神田神社(神田明神)の『神田祭』、京都・八坂神社の『祗園祭』、そして大阪・大阪天満宮の

日本三大提灯祭

日本三大提灯祭とは!?

提灯(ちょうちん)とは本来、手に下げる明かりのこと。夜祭などの祭礼に使われることも多く、その代表格の秋田竿燈まつり(秋田県秋田市)、二本松の提灯祭り(福島県二本松市)、尾張津島天王祭(愛知県津島市)が「日本三大提灯祭」に数えられています。室

日本三大船神事

日本三大船神事とは!?

神社などに祀られる御神体が、祭礼の際に船に乗って渡御する神事が「船神事」。大阪天満宮の『天神祭』、広島県厳島神社の『管絃祭』、島根県松江市の城山稲荷神社で10年に一度行なわれる『ホーランエンヤ』が「日本三大船神事」に数えられています。大阪天

日本三大盆踊りとは!?

平安時代、空也上人によって始められた踊念仏が、念仏踊りとなり、盂蘭盆会(うらぼんえ)と結びついて精霊を迎える、死者を供養するための行事として発展した盆踊り。日本三大盆踊りに数えられるのは、有名で、目下お騒がせの阿波おどり(徳島市)、徹夜踊り

日本三大流し踊り

日本三大流し踊りとは!

踊りながら町を流すのが「流し踊り」。日本三大流し踊りは、『阿波おどり』(徳島県徳島市)、『郡上おどり』(岐阜県郡上市)、そして『黒石よされ』(青森県黒石市)の3つ。日本三大といわれるものには、自称や「選者不明」的なものも数多くありますが、三

日本三大川祭

日本三大川祭とは!?

俗に「日本三大川祭」といわれるのは、尾張津島天王祭(愛知県津島市/津島神社)を筆頭に、大阪天満宮『天神祭』(大阪市)、そして厳島神社『管絃祭』(広島県廿日市市)の3ヶ所。宮島・厳島神社の『管絃祭』は、海で行なわれますが、川祭に数えられるのに

日本三大七夕

日本三大七夕とは!?

日本三大七夕に関しては諸説あり、定かでありません。歴史と規模からして『仙台七夕まつり』(江戸時代に創始、昭和2年に復活)、昭和26年に仙台を範として始まった『湘南ひらつか七夕まつり』、そして繊維の町・愛知県一宮市の『おりもの感謝祭一宮七夕ま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ