日本三大七夕とは!?

日本三大七夕

日本三大七夕に関しては諸説あり、定かでありません。歴史と規模からして『仙台七夕まつり』(江戸時代に創始、昭和2年に復活)、昭和26年に仙台を範として始まった『湘南ひらつか七夕まつり』、そして繊維の町・愛知県一宮市の『おりもの感謝祭一宮七夕まつり』(昭和31年創始)が一般的な「日本三大七夕」になっています。

仙台七夕まつり

開催場所:宮城県仙台市/中央通りや一番町を中心に仙台市内各所
開催期間:8月6日〜8月8日
創始:昭和2年(江戸時代に創始)
七夕飾り:市全体で3000本
観客数:200万人前後

仙台七夕まつり

仙台七夕まつり|仙台市

毎年8月6日~8月8日10:00〜21:00、宮城県仙台市で『仙台七夕まつり』が開催されます。『青森ねぶた祭』、『秋田竿燈まつり』と並ぶ「東北三大夏まつり」の一つで、例年200万人以上の人出でにぎわうビッグな祭り。「日本三大七夕」の筆頭にも

湘南ひらつか七夕まつり

開催場所:神奈川県平塚市/JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域
開催期間:7月第1金・土・日曜
創始:昭和26年
七夕飾り:市全体で3000本、湘南スターモール80本
観客数:150万人前後

湘南ひらつか七夕まつり

第69回湘南ひらつか七夕まつり|平塚市|2019

2019年7月5日(金)~7月7日(日)、神奈川県平塚市で『第69回湘南ひらつか七夕まつり』が開催されます。戦後の復興と繁栄を願って仙台の七夕まつりを範とし昭和26年に始まった七夕まつり。仙台七夕。一宮七夕(愛知県一宮市)などと並んで「日本

おりもの感謝祭一宮七夕まつり

開催場所:愛知県一宮市/一宮市本町アーケード内を中心に市内一円
開催期間:7月下旬の木・金・土・日曜
創始:昭和31年
七夕飾り:発表なし
観客数:110万人前後

一宮七夕まつり

第64回おりもの感謝祭一宮七夕まつり|一宮市|2019

2019年7月25日(木)~7月28日(日)、愛知県一宮市で『第64回おりもの感謝祭一宮七夕まつり』が開催されます。昭和31年に始まった一宮市の七夕まつりは仙台(宮城県)、平塚(神奈川県)と並んで「日本三大七夕」にも数えられる織物の町らしい

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
関東三大七夕祭り

関東三大七夕祭りとは!?

三大と呼ばれるのは、通説が多いのですが一般に関東三大七夕祭りは、神奈川県平塚市の『湘南ひらつか七夕まつり』、千葉県茂原市の『茂原七夕まつり』、埼玉県狭山市の『狭山市入間川七夕まつり』の3つ。とくに『狭山市入間川七夕まつり』は、江戸時代に創始

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ