日本三大祭とは!?

日本三大祭

日本三大〇〇に関しては、自然発生的なものが多く、日本三大祭に関してもいわゆる「選者不明」の三大のひとつ。一般的にはその歴史、伝統、規模などを鑑みて、東京・神田神社(神田明神)の『神田祭』、京都・八坂神社の『祗園祭』、そして大阪・大阪天満宮の『天神祭』が日本三大祭といわれています。

日本三大祭

神田祭/神田神社(神田明神) 【東京都千代田区】

神田神社(神田明神)の祭礼。
江戸時代には「天下祭」と呼ばれ、『山王祭』、『三社祭』と並んで江戸三大祭のひとつ。
開催日:5月中旬
起源:不詳、徳川家康が関ヶ原合戦前などに戦勝祈願を行なったことから『神田祭』は徳川家縁起の祭として創始されたとも。江戸時代には山車行列も執り行なわれました。

神田明神『神田祭』

神田明神『神田祭』|千代田区|2019

2019年5月9日(木)〜5月15日(水)、東京都千代田区の神田明神で『神田祭』。江戸の総鎮守・神田明神(正式名は神田神社)の『神田祭』。江戸時代には天下祭といわれた江戸・東京を代表する祭礼。2019年は『山王祭』と隔年で行なわれる『神田祭

広重&北斎 浮世絵に描かれた神田明神・神田祭

年配の人だと神田明神といえば、明神下に住んだ銭形平次を思い浮かべるかもしれません。銭形平次は実在の人物ではありませんが、平次の暮らした明神下から男坂の階段を上ると、眺めの良い、神田明神の境内です。この男坂の石段も日本橋・神田界隈の町火消(ま

神田明神

正式名は神田神社ですが、江戸時代以前からの神田明神で知られる「江戸総鎮守」。今でも東京の都心部、神田、日本橋、秋葉原、大手町、丸の内など108の町々の総氏神となっています。京都の祇園祭、大阪の天神祭とならんで「日本の三大祭」に数えられる神田

祇園祭/八坂神社 【京都市】

八坂神社の祭礼。
上賀茂神社・下鴨神社の『葵祭』、平安神宮の『時代祭』とともに「京都三大祭」に数えられます。『高山祭』、『秩父夜祭』とともに「日本三大曳山祭」とも。
開催日:7月1日〜7月31日(7月17日・7月24日に山鉾巡行)
起源:貞観年間(859年〜877年)、疫神や死者の怨霊などを鎮めなだめる御霊会(ごりょうえ)が行なわれたことに始まる祭礼。神仏習合時代の平安時代に牛頭天王を祀り、御霊会を行なって無病息災を祈願。

祇園祭

祇園祭|京都市

毎年7月1日~7月31日、日本三大祭『祇園祭』が京都・八坂神社をはじめ氏子区域一帯で開かれます。八坂神社は全国各地の祇園社の本社で、各地で行なわれる『祇園祭』もここがルーツ。貞観年中(859年~877年)、京に疫病が流行したときに創始された

天神祭/大阪天満宮 【大阪市】

大阪天満宮の祭礼。
祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日。
広島県厳島神社の『管絃祭』、島根県松江市の城山稲荷神社で10年に一度行なわれる『ホーランエンヤ』とともに「日本三大船神事」のひとつ。
生國魂神社の『生玉夏祭』、住吉大社の『住吉祭』とともに「大阪三大夏祭り」にも数えられています。
開催日:6月下旬吉日〜7月25日(7月25日が本宮で大川に船渡御)
起源:不詳、徳川家康が関ヶ原合戦前などに戦勝祈願を行なったことから『神田祭』は徳川家縁起の祭として創始されたとも。江戸時代には山車行列も執り行なわれました。

大阪天満宮『天神祭』

大阪天満宮『天神祭』

毎年7月24日(宵宮) ~ 7月25日(本宮)、大阪市の大阪天満宮で『天神祭』が斎行されます。日本三大船神事、大阪三大夏祭り、そして京都・八坂神社の『祇園祭』、東京・神田神社の『神田祭』と並び「日本三大祭」にも数えられる歴史と伝統ある祭礼で

大阪天満宮

大阪天満宮

大阪市北区天神橋に鎮座する学業成就、合格祈願で名高い神社が大阪天満宮。白雉元年(650年)、孝徳天皇が難波長柄豊崎宮を造営した際、都の西北(成玄)を守るため大将軍社を建立したのが始まり。天暦3年(949年)に村上天皇の勅願により菅原道真を主

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ