日本三大弁天とは!?

日本三大弁天

七福神にも数えられる弁才天(弁財天)。弁天様として親しまれますが、もともとは仏教の守護神。日本三大弁天も寺と神社がセットの宝厳寺・竹生島神社(滋賀県・竹生島)、大願寺・厳島神社 (広島県・厳島)、そして明治初年の神仏分離で寺から神社に変わった江島神社 (神奈川県・江の島)の3ヶ所。

「サラスヴァティー」の漢訳は「弁才天」

弁才天、または弁財天と記されますが、実はルーツはヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティーが、仏教に取り込まれた呼び名で、「サラスヴァティー」の漢訳は「弁才天」。
琵琶を手にすることから、音楽神、福徳神、学芸神といわれています。
財宝神としての性格が強調されるようになると弁財天とも記されるようになりますが、ルーツは「弁才天」なのです。
日本三大弁天に関しても諸説ありますが、毎年6月10日、琵琶湖に浮かぶ竹生島神社で江島神社、厳島神社の弁才天の分霊が勧請されての『三社弁才天祭』が行なわれること、神仏習合時代からの由緒正しい歴史、江の島詣でなどに代表される信仰などを勘案すると、この3ヶ所で確定です。

江島神社

所在地:神奈川県藤沢市江の島2-3-8
創建:欽明天皇13年(552年)/社伝
祭神:多紀理毘賣命(たきりびめ)・多紀理比賣命(いちきしまひめ)・多岐都比賣命(たぎつひめ)=宗像三女神/明治初年の神仏分離以前の神仏習合時代には江島弁天・江島明神(明治初年の神仏分離までは金亀山与願寺)
備考:寿永元年(1182年)、源頼朝の命により文覚が江の島岩屋に弁財天を勧請(鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』)

江島神社

江島神社

江戸時代には箱根権現(現・箱根神社)に詣でる箱根詣、丹沢大山の石尊権現に参詣の大山詣(現・大山寺、大山阿夫利神社)と並んで参詣者の多かったのが江の島の「裸弁財天」を拝む江島詣。その江島詣を今に伝える古社が、江の島島内に鎮座する江島神社で、辺

江の島岩屋

江の島岩屋

神奈川県藤沢市にある江戸時代には江の島詣(江島詣)で賑わった江の島。その江の島の最奥、稚児ヶ淵(ちごがふち)から海上に造られたコンクリート製の桟道を進んだ先にあるのが、江の島岩屋。役(えん)の行者が開き、空海(弘法大師)や日蓮上人も参籠した

宝厳寺

所在地:滋賀県長浜市早崎町1664
創建:神亀元年(724年)/寺伝
本尊:弁才天(観音堂本尊は千手観音)
備考:平安時代末期頃からは観音と弁才天信仰の島として繁栄、明治初年の神仏分離で都久夫須麻神社(竹生島神社)と分離

宝厳寺

宝厳寺

琵琶湖に浮かぶ竹生島(ちくぶしま/滋賀県長浜市)にあり、神亀元年(724年)、聖武天皇が国内安穏、国家鎮護の祈りを込めて、行基に堂塔を建立させたのが始まりと伝わる古刹が宝厳寺(ほうごんじ)。本尊の大弁財天は厳島神社、江島神社と並び日本三大弁

竹生島

竹生島

竹生島(ちくぶしま)は、「琵琶湖八景」のひとつ「深緑・竹生島の沈影」で知られる琵琶湖の北部に浮かぶ周囲2kmの小島。「琵琶湖八景」で深緑というのは、島が針葉樹に包まれているから。島の名は「神の斎(いつ)く島」に由来し、神の棲む島として古来か

都久夫須麻神社(竹生島神社)

所在地:滋賀県長浜市早崎町1665
創建:第21代雄略天皇3年/社伝
祭神:市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)=弁才天、宇賀福神 (うがふくじん)、浅井比売命 (あざいひめのみこと)=産土神
備考:明治初年の神仏分離以前は竹生島権現、竹生島弁才天社と称し、歴史的には「日本最古の弁才天」、「弁才天の発祥地」とも

都久夫須麻神社(竹生島神社)

都久夫須麻神社(竹生島神社)

琵琶湖に浮かぶ竹生島(滋賀県長浜市)に鎮座する都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ/竹生島神社)。祭神は、市杵島比売命(いちきしまひめのみこと=弁財天)、宇賀福神、竹生島龍神、そして産土神の浅井比売命(あざいひめのみこと)の4柱。浅井比売命は

大願寺

所在地:広島県廿日市市宮島町3
創建:不詳(平安時代初期、空海創建とも)
本尊:薬師如来・八臂弁才天(厳島弁才天)
備考:本堂には神仏分離令によって厳島神社から遷された弁才天像(秘仏で開帳は毎年6月17日)

大願寺

大願寺

厳島神社宝物館に隣接する寺で、亀居山放光院とも称し、明治維新までは厳島神社の修理造営を司っていた由緒ある寺。開基は不詳ですが鎌倉時代の建仁年間(1201年~1203年)、僧・了海が再興しています。真言宗高野山派に属し、八臂弁才天(厳島弁才天

厳島神社

所在地:広島県廿日市市宮島町1-1
創建:推古天皇元年(593年)/社伝
祭神:市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)・田心姫命(たごりひめのみこと)・湍津姫命(たぎつひめのみこと)=宗像三女神/明治初年の神仏分離以前の神仏習合時代には市杵島姫命ではなく弁才天
備考:明治初年の神仏分離の際に仏教的な建築とみなされ、焼却命令がだされたましたが、なんとか回避

厳島神社

厳島神社

日本三景のひとつ安芸(あき=広島県西部の旧国名)の宮島にある厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、社伝によれば推古元年(593年)創建と伝えられる古社。久安2年(1146年)に平清盛が現在の海に浮かぶような社殿の造営を行なっています。世界文化遺

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

まだまだあるぞ! 三大パワースポット

日本三大稲荷

日本三大稲荷とは!?

商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川稲荷(愛知県豊川市)

日本三大天神

日本三大天神とは!?

菅原道真(天満大自在天神)を祭神とする天神信仰の神社である天満宮は全国に1万2000社ともいわれます。自称日本三大天神という神社も多く、「日本三大天神」には諸説ありますが、一般的には総本社の北野天満宮(京都市)、太宰府天満宮(福岡県太宰府市

日本三大えびす

日本三大えびすとは!?

七福神のなかで唯一日本の神様なのが「えびす様」。恵比須、恵比寿、恵美須、夷、戎、胡、蛭子、蝦夷などと多様に記されるのは、その起源が複雑だから。「日本三大えびす」に数えられるのは京都ゑびす神社(京都市)、今宮戎神社(大阪市)、そして西宮神社(

日本三大住吉とは!?

日本三大住吉とは!?

『日本書紀』によれば、神功皇后が新羅出兵の際に、住吉神の神託もあって戦争に勝利したと記されるのが底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)の住吉三神です。全国に600社ある住吉神を祀

日本三文殊

【日本三大文殊】受験生の合格祈願は、日本三文殊へ!

「三人寄れば文殊の知恵」という諺(ことわざ)にある、文殊とは知恵(智慧)を司る文殊菩薩(もんじゅぼさつ)のこと。この文殊菩薩が祀られるパワースポット3ヶ所が「日本三文殊」と呼ばれる場所で、大和の安倍文殊(奈良県桜井市)、丹後の切戸文殊(京都

全国の三島神社のルーツは? 三三島(日本三大三島)とは!?

全国の三島神社のルーツは? 三三島(日本三大三島)とは!?

瀬戸内海に浮かぶ大山祇神社(愛媛県今治市大三島町)。全国の三島神社の総本社とされますが、さらにそのルーツとされる淀川の川中島(御島)に鎮座した三島鴨神社(大阪府高槻市)、東海道に鎮座する三嶋大社(静岡県三島市)とともに三三島(日本三大三島)

三庚申

日本三庚申とは!?

庚申とは干支(かんし、えと)の「庚(かのえ)」「申(さる)」のこと。中国道教の説く三尸説(さんしせつ)に仏教、神道、修験道や民間信仰などが結びついて庚申信仰(こうしんしんこう)が生まれました。そんな庚申信仰を今に伝える日本三更新は、京都の八

日本三大聖天

日本三大聖天とは!?

聖天(しょうでん、しょうてん)とは、仏教の守護神の歓喜天(かんぎてん=歓喜自在天)のこと。四天王、帝釈天、吉祥天、弁財天、鬼子母神、大黒天などと同様に天部の神のひとつです。それを祀る日本三大聖天は、妻沼聖天(歓喜院)、待乳山聖天(本龍院)、

日本三大観音

日本三大観音とは!?

「観音様」とは観音菩薩(かんのんぼさつ)のこと。本来の寺名ではなく、〇〇観音と通称されるように、庶民の願いを聞き届けてくださるありがたい仏様。日本三大観音と通称されるのは、浅草観音(金龍山浅草寺/東京都台東区)、大須観音(北野山真福寺寶生院

日本三大八幡宮

日本三大八幡宮とは!?

欽明天皇32年(571年)に初めて宇佐の地に示顕したと伝わる八幡神は、応神天皇(誉田別命/ほんだわけのみこと)の神霊とされます。というわけで、八幡宮の総本社は宇佐神宮(大分県宇佐市)。宇佐神宮と、石清水八幡宮(京都府八幡市)、筥崎宮(福岡県

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ