水落遺跡

水落遺跡

奈良県明日香村にある水落遺跡(飛鳥水落遺跡)は、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ=大化の改新後、天智天皇に)が造った日本初の水時計「漏刻(ろうこく)」(水時計を備えた時計台)の跡。『日本書紀』によれば斉明6年(660年)「皇太子が初め漏れ剋を造り、人々に時刻を知らせた」とあり、この水落遺跡ではと推測されています。

中大兄皇子が造った日本最初の漏刻(水時計)の跡

仕組みとしては飛鳥川の水を利用し、木樋(もくひ)で導水し、サイフォンの原理で一定量の水を垂らすことによって時を刻んだもの。
複数の水槽同士をつなぐ管によって構成され、一定の間隔で水を注ぐために、階段状に複数の「漏壺」(ろうこ)と呼ばれる水槽が設置されていました(水が注がれる最上段の漏壺の水位が変化しても、中間の漏壺の水位は一定に保たれます)。

漏刻を用いて正確な時間を計測することで、定められた時刻になると鐘鼓を鳴らし、飛鳥に居住する人々に知らせ、とくに官吏たちの勤務態勢が確立されたと推測できます。
つまり中大兄皇子の漏刻の建造は古代の官僚機構の構築と重なっていることになります。

水落遺跡と、その北に位置する石神遺跡は、地下の水路でつながり、石神遺跡は、噴水機能を有した石造物が出土することから饗宴施設ではないかと推測されています。

昭和47年の民家建設に際しての事前調査で花崗岩を敷き詰めた方形基壇などが発見され、4棟以上はあったと推測される掘立柱建物の跡、基壇内を走る木樋暗渠、銅管、漆塗木箱などなどが見つかっています。
現在は史跡として発掘保存され、石で築いた一辺22.5mの方形の基壇が復元され、25本の柱が立っています。

ちなみに、この遺跡を古代の天文台とする学説、石神遺跡の付属施設とする説もあり、まだまだ謎に包まれている部分があります。

飛鳥時代(律令制の確立)と漏刻の関係は!?
飛鳥時代とは、一般的に588年の飛鳥寺造営工事の開始、あるいは592年の推古天皇の即位に始まり、平城京へ遷都するまでの120年間ほどのこと。この間に仏教(当時の僧侶は国家公務員)が貴族階級に浸透し、。645 年の乙巳の変を契機に、大化の改新の詔が発布され、庚午年籍(こうごねんじゃく)が作られるなど、天皇中心の国家体制づくりが始まっています。
大和朝廷が模範とした中国でも618年に唐が成立し、中央集権国家が設立しています。
水落遺跡が築かれた斉明天皇の御代は、朝鮮半島にあった百済が日本に援軍を求め、日本・百済連合軍が白村江の戦い(663年)で、唐・新羅軍に惨敗しています。
ちょうどそんな時代にこの漏刻は築かれたのです。
中大兄皇子が天智天皇として即位し、近江大津宮への遷都にともない、漏刻は大津宮でも使われました。
『日本書紀』天智天皇10年の記事から、飛鳥に置かれた漏刻が大津宮へ移されたと推測できます。
中国(唐)において、漏刻の設置、時刻の報知や、暦の頒布というものは、皇帝のみに許された権限でした。日本も律令制度の導入にあたって、これを真似ているのです。

水落遺跡 DATA

名称 水落遺跡/みずおちいせき
所在地 奈良県高市郡明日香村飛鳥
関連HP 明日香村公式ホームページ
電車・バスで 近鉄橿原神宮前駅から奈良交通バス飛鳥方面行きで8分、飛鳥下車、すぐ
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから
駐車場 明日香村埋蔵文化財展示室駐車場(50台/無料)を利用
問い合わせ 明日香村教育委員会 TEL:0744-54-5600
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

近江大津宮(錦織遺跡)

2018.03.06

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ