沼上発電所

沼上発電所

福島県郡山市熱海町安子島にある歴史ある水力発電所が沼上発電所(ぬまがみはつでんしょ)。不毛の大地だった郡山の安積原野にオランダ人技術者ファン・ドールンの指導で明治15年10月1日に完成した安積疏水ですが、その安積疏と水猪苗代湖との40.9mの落差を利用し、明治32年6月、発電が開始されたもの。

送られた電気で郡山は工業都市へと変貌

沼上発電所の設置により、日本で初めての高圧送電(1万1000V)を利用した送電が、24km先の郡山市内まで行なわれ、その電力を利用して郡山市の製糸業、紡績・繊維産業、製材業、精米業が発展していきました。

明治32年6月送電開始の沼上発電所を建設したのは、郡山絹糸紡績会社。
郡山絹糸紡績会社は地元で製糸業(生糸商)を営む正製組(せいせいぐみ)と真製社の幹部が、中央の大倉喜八郎(大倉財閥)、渋沢栄一(三菱財閥)の資本参加を受けて創業した企業。
発電量は水力発電所としては当時国内第2位の300kWを誇り、長距離特別高圧送電施設は日本初のものでした。
沼上発電所は、日本の長距離送電の草分け的存在にもなっているのです。

明治31年、沼上発電所から送電される電力を期待して、郡山絹糸紡績会社が設立され、さらに大正7年には福島に福島精練製糸株式会社が誕生し、大正12年、日東紡績株式会社が創立し、現在の日東紡が誕生しています。

発電所の左隣を流れ落ちていく水は、当時、沼上隧道から勢いよく落下する様子が滝のようだったため、「沼上瀑布」、「震天瀑」と呼ばれて名所にもなりました。
現在の発電所建屋は昭和61年に建て替えられたもの。
東京電力が保有するため、発電した電気は郡山へは送られていません。

磐越西線、国道49号沿いにあるので、列車や車の車窓からも見学できます。

沼上発電所は、「安積疏水・日橋川等の水力発電関連遺産」として、竹之内発電所(郡山市)、丸守発電所(郡山市)、切立橋(会津若松市)、雄国隧道(喜多方市)とともに経済産業省の近代化産業遺産(「東北地方の産業振興の基礎を築いた水資源・交通・都市基盤整備の歩みを物語る近代化産業遺産群」)にも認定されています。

さらに日本遺産「未来を拓いた『一本の水路』-大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代-」の構成資産にもなっています(明治後期の近代日本を支えた発電所=沼上・竹之内・丸守・猪苗代第一・猪苗代第二発電所)。

沼上発電所
名称 沼上発電所/ぬまがみはつでんしょ
所在地 福島県郡山市熱海町安子島
関連HP 郡山市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR磐梯熱海駅からタクシーで20分
ドライブで 磐越自動車道磐梯熱海ICから約9km
問い合わせ 東京電力ホールディングス猪苗代事業所 TEL:0242-22-4611
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
安積疏水

安積疏水

水利が悪く不毛の大地だった郡山の安積原野(あさかげんや)に猪苗代湖からの水を引いた明治時代の大事業で開削された用水が安積疏水(あさかそすい)。琵琶湖疏水(滋賀県、京都府)、那須疎水(栃木県)と並んで日本三大疎水にも数えられますが、この安積疏

安積歴史博物館(旧福島県尋常中学校本館)

安積歴史博物館(旧福島県尋常中学校本館)

福島県郡山市開成の福島県立安積高等学校の敷地内にあるミュージアムが安積歴史博物館(あさかれきしはくぶつかん)。旧福島県尋常中学校本館を再生したもので、国の重要文化財。明治11年、明治政府の士族援産政策で開拓された安積。開拓直後の安積に明治2

竹之内発電所

竹之内発電所

福島県郡山市熱海町安子島竹ノ内にある歴史ある水力発電所が竹之内発電所。安積原野の開拓のために開削された安積疏水(あさかそすい)ですが、猪苗代湖との落差を利用し、明治32年に沼上発電所が誕生、さらに郡山の発展を背景にした電力不足で築かれたのが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ