日本三大聖天とは!?

日本三大聖天

聖天(しょうでん、しょうてん)とは、仏教の守護神の歓喜天(かんぎてん=歓喜自在天)のこと。四天王、帝釈天、吉祥天、弁財天、鬼子母神、大黒天などと同様に天部の神のひとつです。それを祀る日本三大聖天は、妻沼聖天(歓喜院)、待乳山聖天(本龍院)、生駒聖天(宝山寺)の3ヶ所を数えるが一般的。

聖天(歓喜天)のルーツはインドのヒンドゥー教の神様

たとえば東京・浅草の待乳山聖天(本龍院)は、「十一面観世音菩薩が悲愍の眼を開き、大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)の姿となってこの山に降臨されて、 苦しむ民を救いました」というのが起こりとしています。

聖天(歓喜天)は、観自在菩薩(観世音菩薩)または大日如来の権化身(本来は仏なのですが、仮に神様となって降臨)。
逆にいえば聖天(歓喜天)の本地仏は、観自在菩薩(観世音菩薩)または大日如来ということになります。

本地垂迹(ほんじすいじゃく)とは、仏教が興隆した時代に日本古来の神道を習合して生まれた神仏習合思想。
日本の八百万の神々は、実は様々な仏(菩薩や天部なども含む)が化身として日本の地に現れた権現(ごんげん/権=仮に・現=現れる)であるとする考えです。

仏教の天部の神々のほとんどはインドのヒンドゥー教を由来しますが、聖天(歓喜天)もヒンドゥー教のガネーシャ(Gaṇeśa)がルーツ。
ガネーシャとは、サンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」で、インドでは富の神様として崇められています。
その父は、なんとヒンズー教最高神であるシヴァ神(シヴァ神は仏教に取り入れられ大黒天になっています)。

象の頭に4本の腕をもつ姿なので、仏教に取り入れられてからも象鼻天(ぞうびてん)とも称され、象頭の神像となっています。
悪神が十一面観世音菩薩によって善神に改宗し、仏教を守護し財運と福運をもたらす天部の神とされ、そのパワフルなご利益と、姿から庶民の信仰を集めてきました。

三大聖天は、実は諸説あり定かでない!?

一般的に三大聖天には埼玉県熊谷市の妻沼聖天(歓喜院)、東京・浅草寺の子院である待乳山聖天(本龍院)、そして奈良県生駒市の生駒聖天(宝山寺)を数えますが、三重県桑名市の桑名聖天(大福田寺)を加える場合もあり、定かではありません。
静岡県小山町の足柄聖天(足柄山聖天堂)、兵庫県豊岡市の豊岡聖天(東楽寺)という人もいます。
諸説あるのは、この三大も「詠み人知らず」で、近世以降の創作だから。
宗派もまちまちです。

妻沼聖天(歓喜院)

所在地:埼玉県熊谷市妻沼1627
正式名:聖天山歓喜院長楽寺
宗派:高野山真言宗
本尊:歓喜天御正体錫杖頭(重要文化財)
創建:治承3年(1179年)
開基:斎藤実盛(さいとうさねもり)

妻沼聖天山歓喜院

2017年11月11日

待乳山聖天(本龍院)

所在地:東京都台東区浅草7-4-1
正式名:待乳山本龍院
宗派:聖観音宗
本尊:歓喜天(聖天)・十一面観音
創建:推古天皇3年(595年)/寺伝
開基:地中から忽然と湧き出た霊山

待乳山聖天(本龍院)

待乳山聖天(本龍院)

2019年4月2日

生駒聖天(宝山寺)

所在地:奈良県生駒市門前町1-1
正式名:生駒山寳山寺(都史陀山大聖無動寺)
宗派:真言律宗
本尊:不動明王
創建:延宝6年(1678年)
開基:湛海

宝山寺(生駒聖天)

2019年4月1日

桑名聖天(大福田寺)

所在地:三重県桑名市東方1426
正式名:神宝山法皇院大福田寺
宗派:高野山真言宗
本尊:阿弥陀如来
創建:飛鳥時代/寺伝
開基:聖徳太子/寺伝

大福田寺

大福田寺

2018年3月26日

日本三大観音

日本三大観音とは!?

2019年12月9日
三庚申

日本三庚申とは!?

2019年4月23日
全国の三島神社のルーツは? 三三島(日本三大三島)とは!?

全国の三島神社のルーツは? 三三島(日本三大三島)とは!?

2019年4月19日
日本三大住吉とは!?

日本三大住吉とは!?

2018年10月13日
日本三大稲荷

日本三大稲荷とは!?

2018年10月11日
日本三文殊

【日本三大文殊】受験生の合格祈願は、日本三文殊へ!

2018年7月27日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ