日本三庚申とは!?

三庚申

庚申とは干支(かんし、えと)の「庚(かのえ)」「申(さる)」のこと。中国道教の説く三尸説(さんしせつ)に仏教、神道、修験道や民間信仰などが結びついて庚申信仰(こうしんしんこう)が生まれました。そんな庚申信仰を今に伝える日本三更新は、京都の八坂庚申堂(金剛寺)、大阪の四天王寺庚申堂、そして東京の入谷庚申堂(小野照崎神社の庚申塚)。

60日ごとに庚申の日があるので年6回巡ってくることに。
平安時代の貴族は、この日に庚申御遊(こうしんぎょゆう)という宴を催していました。
鎌倉時代から室町時代には武家社会にも取り入れられ、江戸時代には庚申待(こうしんまち)として夜を徹して会食談義する庶民の風習に発展しています。

庚申信仰では中国の道教思想に由来する青面金剛が本尊とされ、人間の体内にいると考えられていた三尸(さんし)を押さえる神として崇められました。

庚申の日には、人の体内にいる三尸(さんし)の虫が、その体内を抜け出して天帝にその人の罪過を告げると信じられ、祟(たたり)を恐れ、一晩中寝なかったり、男女同床を避けたり、婚姻をしないようにしたのです。
「庚申の夜に身ごもった子は盗賊になる」という俗信も生まれ、 「五右衛門が親 庚申の夜をわすれ」(庚申の夜の営みで大泥棒が生まれたという戒め)という句まで残されています。

庚申の使いは猿で、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿(青面金剛の従者とされる)が脇侍のように添えられるのが一般的です。

この庚申信仰は江戸時代に盛んなり、明治時代まで隆盛したので、各地に庚申塔、庚申塚が残されているのです。

八坂庚申堂(金剛寺)

八坂庚申堂

八坂庚申堂

京都市の東山、法観寺(八坂の塔)をやや下ったところにある天台宗の寺院が八坂庚申堂。正式名は、大黒山延命院金剛寺ですが、「八坂の庚申さん」の愛称で親しまれています。中国の道教由来である庚申信仰の霊場で江戸時代には四天王寺庚申堂(大坂)、入谷庚

四天王寺庚申堂

四天王寺・庚申堂

四天王寺・庚申堂

「日本最初の庚申尊出現の地」といわれ、江戸時代に八坂庚申堂(京)、入谷庚申堂(江戸)とともに日本三庚申に数えられていたのが大阪市天王寺区にある四天王寺・庚申堂。四天王寺の境内にあり、庚申の日とその前日(宵庚申)に本尊に祈願すれば、必ず一願が

入谷庚申堂(小野照崎神社の庚申塚)

小野照崎神社

東京都台東区下谷にある小野篁(おののたかむら)を祭神とする古社が小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)。溶岩を積んだ富士塚「下谷坂本富士」があることから地元では「お富士さん」と呼ばれています。境内に残る11基の塔が残る庚申塚(こうしんづか)は

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大稲荷

日本三大稲荷とは!?

商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川稲荷(愛知県豊川市)

日本三大住吉とは!?

日本三大住吉とは!?

『日本書紀』によれば、神功皇后が新羅出兵の際に、住吉神の神託もあって戦争に勝利したと記されるのが底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)の住吉三神です。全国に600社ある住吉神を祀

日本三文殊

【日本三大】受験生の合格祈願は、日本三文殊へ!

「三人寄れば文殊の知恵」という諺(ことわざ)にある、文殊とは知恵(智慧)を司る文殊菩薩(もんじゅぼさつ)のこと。この文殊菩薩が祀られるパワースポット3ヶ所が「日本三文殊」と呼ばれる場所で、大和の安倍文殊(奈良県桜井市)、丹後の切戸文殊(京都

全国の三島神社のルーツは? 三三島(日本三大三島)とは!?

全国の三島神社のルーツは? 三三島(日本三大三島)とは!?

瀬戸内海に浮かぶ大山祇神社(愛媛県今治市大三島町)。全国の三島神社の総本社とされますが、さらにそのルーツとされる淀川の川中島(御島)に鎮座した三島鴨神社(大阪府高槻市)、東海道に鎮座する三嶋大社(静岡県三島市)とともに三三島(日本三大三島)

日本三大聖天

日本三大聖天とは!?

聖天(しょうでん、しょうてん)とは、仏教の守護神の歓喜天(かんぎてん=歓喜自在天)のこと。四天王、帝釈天、吉祥天、弁財天、鬼子母神、大黒天などと同様に天部の神のひとつです。それを祀る日本三大聖天は、妻沼聖天(歓喜院)、待乳山聖天(本龍院)、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ