【日本三大】受験生の合格祈願は、日本三文殊へ!

日本三文殊

「三人寄れば文殊の知恵」という諺(ことわざ)にある、文殊とは知恵(智慧)を司る文殊菩薩(もんじゅぼさつ)のこと。この文殊菩薩が祀られるパワースポット3ヶ所が「日本三文殊」と呼ばれる場所で、大和の安倍文殊(奈良県桜井市)、丹後の切戸文殊(京都府宮津市智恩寺)、出羽の亀岡文殊(山形県高畠町)の3ヶ所です。

「知恵の文殊」の文殊菩薩におすがりする!

受験シーズンが近づくと、思わず神頼みしたくなりますが、どこの神仏に頼むのかも重要です。
そこで注目が日本三文殊といわれるパワースポット。
「三人寄れば文殊の知恵」は、頭脳明晰なくても3人が知恵を持ち寄れば何か良いアイデアが浮かぶというもの。
「文殊の知恵」というように、文殊菩薩は知恵を司る菩薩なのです。

釈迦如来を中尊として、その左右に両脇侍(きょうじ)として並ぶ、つまりは釈迦如来を脇で守っているのが文殊菩薩と普賢菩薩で、この形が釈迦三尊像。
仏像としては、右手に知恵の象徴の宝剣、左手には蓮華や経典を持っているというのが一般的です。

安倍文殊

奈良県桜井市阿部645
大化の改新時の左大臣・安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)の氏寺として創建。
鎌倉時代を代表する仏師快慶の作で巨大な獅子に乗った姿で、高さは7m(日本最大の文殊菩薩像で国宝)。
「知恵の文殊」として有名。
全国の安倍さん(阿部さん)のルーツでもあります。

安倍文殊院

2018.06.19

切戸文殊(智恩寺)

大同3年(808年)、平城天皇(へいぜいてんのう)の勅願寺として創建。
木造文殊菩薩像は国の重要文化財。

智恩寺(切戸文殊)

2018.01.06

亀岡文殊(大聖寺)

大同2年(807年)、徳一が文殊菩薩を安置して創建。
高さ29cmの木造文殊菩薩騎獅子像(秘仏本尊)を安置。
「文殊の知恵」といわれるのは、単に学業だけでなく、生きていくための生活の知恵を授けてくれるとのこと。

亀岡文殊(大聖寺)

2018.06.19
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ