日本三大天神とは!?

日本三大天神

菅原道真(天満大自在天神)を祭神とする天神信仰の神社である天満宮は全国に1万2000社ともいわれます。自称日本三大天神という神社も多く、「日本三大天神」には諸説ありますが、一般的には総本社の北野天満宮(京都市)、太宰府天満宮(福岡県太宰府市)、そして日本最古の天満宮という防府天満宮(山口県防府市)の3社です。

昌泰4年(901年)、正月に従二位(左右大臣に相当する官位)に叙せられた菅原道真(すがわらのみちざね)は、讒言(ざんげん)により、大宰員外帥(左遷で配置された大宰府の長官)に左遷され、子供4人も流刑にされています。
これが昌泰の変(しょうたいのへん)で、左大臣・藤原時平の讒言といわれていますが、定かでありません。

左遷後は、職務に就くことはなく、大宰府浄妙院で謹慎していましたが、延喜3年2月25日(903年3月26日)に大宰府で薨去し、安楽寺に葬られた。

道真の死後に、政敵・藤原時平(ふじわらのときひら)の急死、醍醐天皇の皇子が相次いで病死、平安京の内裏にあった清涼殿の落雷事故など天変地異が続いたため、道真の怨念と流布され、道真は雷の神である天神(火雷神)と関連付けて考えられるようなりました。

平安時代、天災の勃発、疫病の発生を、怨みを持って死んだり、非業の死を遂げた人間の怨霊の仕業とし、それを鎮めるために「御霊」として祀れば祟りを免れるという御霊信仰(ごりょうしんこう)が隆盛します。

菅原道真も天満大自在天神(てんまんだいじざいてんじん)という神格で祀られ、各地に天満宮が創建されたのです。

北野天満宮

所在地:京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町
創建:天暦元年(947年)
選ばれる理由:天神信仰の発祥の地で、全国天満宮の総本社
例祭など:8月4日『北野祭』、毎月25日=ご縁日と境内ライトアップ

北野天満宮

947(天暦元)年、巫女(みこ)の多治比文子(たじひのあやこ)らが北野の右近馬場に皇城鎮護の神として菅原道真の霊を祀ったのが始まりという古社が北野天満宮。京で起こった天変地異が道真の祟りという風評が広がり、その霊を鎮めるため、朝廷も神号を授

太宰府天満宮

所在地:福岡県太宰府市宰府4-7-1
創建:延喜19年(919年)
選ばれる理由:菅原道真の墓所に建てられた神社で、全国天満宮の総本社
例祭など:9月20日~9月25日『神幸式大祭』

太宰府天満宮

太宰府天満宮

延喜元年(901年)、藤原時平らの陰謀によって右大臣から大宰府(だざいふ)の権帥(ごんのそち)に左遷させられた菅原道真は、延喜3年(903年)年2月25日、大宰府の南館(現・榎社)で没しています。その墓所に建てられたのが、この太宰府天満宮。

防府天満宮

所在地:山口県防府市松崎町14-1
創建:延喜4年(904年)
選ばれる理由:大宰府に流されていく道筋での宿泊地に日本最初に創建された天神様
例祭など:11月第4土曜日『御神幸祭』

防府天満宮

防府天満宮

山口県防府市(ほうふし)松崎にある菅原道真(すがわらのみちざね)を祀る古社が防府天満宮。社伝によれば、讒言(ざんげん)で失脚した菅原道真は、九州・大宰府(だざいふ)に左遷される途中、防府に立ち寄り、死後、魂となって帰ってくると約束。道真が亡

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大稲荷

日本三大稲荷とは!?

商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川稲荷(愛知県豊川市)

日本三大えびす

日本三大えびすとは!?

七福神のなかで唯一日本の神様なのが「えびす様」。恵比須、恵比寿、恵美須、夷、戎、胡、蛭子、蝦夷などと多様に記されるのは、その起源が複雑だから。「日本三大えびす」に数えられるのは京都ゑびす神社(京都市)、今宮戎神社(大阪市)、そして西宮神社(

日本三大住吉とは!?

日本三大住吉とは!?

『日本書紀』によれば、神功皇后が新羅出兵の際に、住吉神の神託もあって戦争に勝利したと記されるのが底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)の住吉三神です。全国に600社ある住吉神を祀

日本三文殊

【日本三大文殊】受験生の合格祈願は、日本三文殊へ!

「三人寄れば文殊の知恵」という諺(ことわざ)にある、文殊とは知恵(智慧)を司る文殊菩薩(もんじゅぼさつ)のこと。この文殊菩薩が祀られるパワースポット3ヶ所が「日本三文殊」と呼ばれる場所で、大和の安倍文殊(奈良県桜井市)、丹後の切戸文殊(京都

全国の三島神社のルーツは? 三三島(日本三大三島)とは!?

全国の三島神社のルーツは? 三三島(日本三大三島)とは!?

瀬戸内海に浮かぶ大山祇神社(愛媛県今治市大三島町)。全国の三島神社の総本社とされますが、さらにそのルーツとされる淀川の川中島(御島)に鎮座した三島鴨神社(大阪府高槻市)、東海道に鎮座する三嶋大社(静岡県三島市)とともに三三島(日本三大三島)

三庚申

日本三庚申とは!?

庚申とは干支(かんし、えと)の「庚(かのえ)」「申(さる)」のこと。中国道教の説く三尸説(さんしせつ)に仏教、神道、修験道や民間信仰などが結びついて庚申信仰(こうしんしんこう)が生まれました。そんな庚申信仰を今に伝える日本三更新は、京都の八

日本三大聖天

日本三大聖天とは!?

聖天(しょうでん、しょうてん)とは、仏教の守護神の歓喜天(かんぎてん=歓喜自在天)のこと。四天王、帝釈天、吉祥天、弁財天、鬼子母神、大黒天などと同様に天部の神のひとつです。それを祀る日本三大聖天は、妻沼聖天(歓喜院)、待乳山聖天(本龍院)、

日本三大観音

日本三大観音とは!?

「観音様」とは観音菩薩(かんのんぼさつ)のこと。本来の寺名ではなく、〇〇観音と通称されるように、庶民の願いを聞き届けてくださるありがたい仏様。日本三大観音と通称されるのは、浅草観音(金龍山浅草寺/東京都台東区)、大須観音(北野山真福寺寶生院

日本三大八幡宮

日本三大八幡宮とは!?

欽明天皇32年(571年)に初めて宇佐の地に示顕したと伝わる八幡神は、応神天皇(誉田別命/ほんだわけのみこと)の神霊とされます。というわけで、八幡宮の総本社は宇佐神宮(大分県宇佐市)。宇佐神宮と、石清水八幡宮(京都府八幡市)、筥崎宮(福岡県

日本三大弁天

日本三大弁天とは!?

七福神にも数えられる弁才天(弁財天)。弁天様として親しまれますが、もともとは仏教の守護神。日本三大弁天も寺と神社がセットの宝厳寺・竹生島神社(滋賀県・竹生島)、大願寺・厳島神社 (広島県・厳島)、そして明治初年の神仏分離で寺から神社に変わっ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ