日本三大稲荷とは!?

日本三大稲荷

商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川稲荷(愛知県豊川市)ですが、祐徳稲荷神社(佐賀市)、最上稲荷(岡山市)などもその候補で・・・。

「お稲荷さん」のなかには寺もある!?

豊川稲荷

豊川稲荷境内に並ぶ狐

「お稲荷さん」といわれて連想するものは、赤い鳥居、狐(きつね)、いなり寿司。
神社のイメージですが、実は豊川稲荷(愛知県豊川市)は、円福山豊川閣妙厳寺(えんぷくざんとよかわかくみょうごんじ)という曹洞宗の禅寺、最上稲荷(岡山市)も最上稲荷山妙教寺(さいじょういなりざんみょうきょうじ)という日蓮宗の寺です。

さらにいえば、いなり寿司のルーツも禅寺である豊川稲荷とされ、「お稲荷さん」=神社というイメージは大きく覆ります。

明治維新の神仏分離、廃仏毀釈までは、日本の多くの寺社は神仏習合でした。
江戸時代までは神社を管理する別当寺があり、神社を寺が管理するというのが当たり前の時代でした。
有名な金毘羅(こんぴら)も大権現というように、江戸時代までは寺だったのです。

日本の八百万(やおよろず)の神々は、実は様々な仏が化身として日本の地に現れた権現(ごんげん)であるとする考えが本地垂迹(ほんじすいじゃく)で、天照大神=大日如来、熊野権現=阿弥陀如来、東照大権現(徳川家康)=薬師如来など神の正体とされる仏様が本地仏です。

稲荷神の本地仏とされるのが荼枳尼天(だきにてん)。
インド伝来の荼枳尼天は狐と結びつき、その後、神道の稲荷と習合したと推測されています。
この荼枳尼天、江戸時代には庶民に開運出世の福徳神として信仰されましたが、明治の神仏分離で稲荷神社へと転身したのですが、豊川稲荷(妙厳寺)、最上稲荷(妙教寺)は奇跡的に神仏習合の姿を留めたというわけなのです。

日本三大稲荷は諸説あり、当確は伏見稲荷大社のみ

伏見稲荷

伏見稲荷の千本鳥居

全国に3万社以上あるという稲荷社ですが、その総本宮が伏見稲荷大社。
というわけで、日本三大稲荷の筆頭は、伏見稲荷大社ということで異論がある人は少ないはず。

ところが残りの2つに関しては百家争鳴状態。
伏見稲荷大社のHPでも「稲荷信仰の原点が、稲荷山」というだけで、日本三大稲荷に関しては触れていません。

豊川稲荷(妙厳寺)、最上稲荷(妙教寺)、祐徳稲荷神社(佐賀市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)がその候補です。

豊川稲荷はHP上では現在、三大稲荷について触れていません。
最上稲荷(妙教寺)は、「伏見・豊川と並ぶ日本三大稲荷」と記載し、伏見稲荷大社、豊川稲荷(妙厳寺)、最上稲荷(妙教寺)が三大稲荷としています。
祐徳稲荷神社(佐賀市)は、HPで「日本三大稲荷の一つに数えられ」としていますが、残りの2社寺に関しては触れていません。
笠間稲荷神社(茨城県笠間市)も同様で、「笠間稲荷神社は日本三大稲荷のひとつとして広く人々に親しまれ」とありますが、残りの2ヶ所は不明です。

草戸稲荷神社(広島県福山市)、竹駒神社(宮城県岩沼市)、千代保稲荷神社(岐阜県海津市)なども三大稲荷に推す場合もあり、百家争鳴状態となっています。

伏見稲荷大社

所在地:京都府京都市伏見区深草藪之内町68
主祭神:稲荷大神(宇迦之御魂大神ほか4柱の総称)
創建:和銅年間(708年〜715年)

伏見稲荷大社

2018.10.10

豊川稲荷(妙厳寺)

所在地:愛知県豊川市豊川町1
鎮守:吒枳尼真天(だきにしんてん)
創建:嘉吉元年(1441年)

豊川稲荷

2017.12.14

豊川稲荷東京別院

2018.01.28

笠間稲荷神社

所在地:茨城県笠間市笠間1
主祭神:宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)
創建:白雉2年(651年)

笠間稲荷神社

2017.09.05

最上稲荷(妙教寺)

所在地:岡山県岡山市北区高松稲荷712
鎮守:最上位経王大菩薩(稲荷大明神)
創建:天平勝宝4年(752年)

最上稲荷

2018.10.09

祐徳稲荷神社

所在地:佐賀県鹿島市古枝
主祭神:倉稲魂大神、大宮売大神、猿田彦大神、神令使命婦大神、萬媛命
創建:貞享4年(1687年)

祐徳稲荷神社

2018.10.10

日本三大住吉とは!?

2018.10.13

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ