なにわ七幸めぐり

なにわ七幸めぐり

人生には7つの難関が待ち受けているといわれますが、神仏にすがってその難関を逃れ、7つのご利益を得ようというのが『なにわ七幸めぐり』。昭和58年、大阪21世紀協会の理事だった堺屋太一の提案で始まったものですが、公共交通機関を使い、2日ほど掛けて大阪を代表する寺社を巡る「ご利益ツアー」として注目です。

大阪天満宮/学業成就

所在地:大阪市北区天神橋2-1-8
電車・バスで:地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅から徒歩5分、JR大阪天満宮駅から徒歩5分
由緒・ご利益:天暦3年(949年)に村上天皇の勅願により菅原道真を主祭神として天満宮を創建したという古社で学業成就、合格祈願で名高い神社。7月の『天神祭』は日本三大祭のひとつ。

大阪天満宮

大阪天満宮

大阪市北区天神橋に鎮座する学業成就、合格祈願で名高い神社が大阪天満宮。白雉元年(650年)、孝徳天皇が難波長柄豊崎宮を造営した際、都の西北(成玄)を守るため大将軍社を建立したのが始まり。天暦3年(949年)に村上天皇の勅願により菅原道真を主

大阪天満宮『天神祭』

大阪天満宮『天神祭』

毎年7月24日(宵宮) ~ 7月25日(本宮)、大阪市の大阪天満宮で『天神祭』が斎行されます。日本三大船神事、大阪三大夏祭り、そして京都・八坂神社の『祇園祭』、東京・神田神社の『神田祭』と並び「日本三大祭」にも数えられる歴史と伝統ある祭礼で

大念佛寺/諸芸上達

所在地:大阪市平野区平野上町1-7-26
電車・バスで:JR関西本線(大和路線)平野駅から徒歩5分
由緒・ご利益:平安時代後期の大治2年(1127年)、天台宗の僧の良忍(りょうにん)が鳥羽上皇の勅願で開創した日本最古の念仏道場。ご利益は諸芸上達。

大念佛寺

大念佛寺

大阪市平野区にある融通念仏宗総本山が大念仏寺(だいねんぶつじ)。平安時代後期の大治2年(1127年)、天台宗の僧の良忍(りょうにん)が鳥羽上皇の勅願で開創した日本最古の念仏道場です。摂津国住吉郡平野庄(現・大阪市平野区)の領主・坂上広野(さ

住吉大社/厄除祈願

所在地:大阪市住吉区住吉2-9-89
電車・バスで:阪堺電気軌道阪堺線(路面電車)住吉鳥居前駅からすぐ、住吉公園駅から徒歩2分。南海本線住吉大社駅から徒歩3分、南海高野線住吉東駅から徒歩5分
由緒・ご利益:神功皇后が朝鮮半島の新羅に出兵した際に住吉三神を祀ったことに始まるという古社。全国2300の住吉社の総本社で摂津国一の宮。ご利益は厄除。

住吉大社

住吉大社

大阪市住吉区に鎮座する住吉大社は、社伝によれば、神功皇后が朝鮮半島の新羅に出兵した際に住吉三神を祀ったことに始まるという古社。全国2300の住吉社の総本社で摂津国一の宮にもなっています。古代の大阪港である住吉津、難波津からの航海を守る神様で

今宮戎神社/商売繁盛

所在地:大阪市浪速区恵美須西1-6-10
電車・バスで:南海本線今宮戎駅から徒歩すぐ、地下鉄堺筋線恵比須町駅から徒歩5分、JR新今宮駅から徒歩5分
由緒・ご利益:日本最初の官寺・四天王寺創建の際に、西を守護する社として創建。商売繁盛の神様「えべっさん」として知られる神社で、毎年1月9日〜11日にかけて『十日戎』(とおかえびす)が開かれることでも有名。ご利益は商売繁盛。

今宮戎神社

今宮戎神社

商売繁盛の神様「えべっさん」として知られる神社で、大阪市浪速区に鎮座するのが今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)。毎年1月9日〜11日にかけて『十日戎』(とおかえびす)が開かれることでも有名。聖徳太子建立七大寺の一つ、四天王寺創建の際に西を

今宮戎神社『十日戎』

今宮戎神社『十日戎』|大阪市

1月9日~1月11日9:00〜21:00、大阪市浪速区の今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)で『十日戎』が行なわれます。「商売繁盛で笹もってこい」の威勢のいい掛け声がこだまする『十日戎』は有名で、9日(宵戎/宝恵駕籠行列)、10日(本戎)、

太融寺(たいゆうじ)/無病息災

所在地:大阪市北区太融寺町3-7
電車・バスで:地下鉄谷町線東梅田駅から徒歩7分。阪急・阪神・地下鉄御堂筋線梅田駅、JR大阪駅から徒歩10分
由緒・ご利益:弘仁12年(821年)、嵯峨天皇の勅願により空海(弘法大師)が創建と伝わる古刹で、境内には淀君の墓も。左大臣・源融(みなもとのとおる=紫式部『源氏物語』の主人公光源氏の実在モデルといわれる)が七堂伽藍を建立。ご利益は無病息災。

太融寺

太融寺

弘仁12年(821年)、嵯峨天皇の勅願により空海(弘法大師)が創建と伝わる大阪市北区太融寺町にある高野山真言宗の古刹が太融寺(たいゆうじ)。本尊の千手観世音菩薩は、嵯峨天皇の念持仏という伝承が。左大臣・源融(みなもとのとおる=紫式部『源氏物

四條畷神社/心願成就

所在地:大阪府四條畷市南野2-18-1
電車・バスで:JR片町線(学研都市線)四条畷駅から徒歩15分
由緒・ご利益:四條畷の戦いで敗死した南朝方・楠木正行(くすのきまさつら)を祀る神社。ご利益は心願成就。

四條畷神社

四條畷神社

大阪府四條畷市(しじょうなわてし)にある南北朝時代に父・楠木正成の意志を継ぎ、足利尊氏を戦い四條畷の戦いで敗死した南朝方・楠木正行(くすのきまさつら)を祀る神社が四條畷神社。明治23年、維新後の世相を反映し尊王思想の模範とされ、楠木正行の墓

四天王寺/家内安全

所在地:大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
電車・バスで:JR大阪環状線天王寺駅・近鉄あべの橋駅から徒歩15分、地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅から徒歩5分
由緒・ご利益:聖徳太子が創建という日本最古の官寺(聖徳太子建立七大寺のひとつ)。1月14日に行なわれる『どやどや』は、「日本三大奇祭」のひとつに数えられています。

四天王寺

四天王寺

推古天皇元年(593年)創建と伝わる大阪市天王寺区にある古刹が四天王寺(してんのうじ)。『日本書紀』によれば、仏教を支持する蘇我馬子(そがのうまこ)と日本古来の宗教を支持する物部守屋(もののべのもりや)との戦いで、仏教を支援した聖徳太子が形

四天王寺『どやどや』

四天王寺『どやどや』|大阪市

1月14日14:30〜、大阪市の四天王寺(六時礼讃堂・仁王門前)で『どやどや』が行なわれます。岩手県黒石寺の『黒石裸祭(蘇民祭)』(旧暦正月7日~8日)、『西大寺会陽』(裸まつり/2月第3土曜)と並び「日本三大奇祭」のひとつに数えられていま

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大阪七福神

大阪七福神

江戸時代に始まったという歴史ある大阪七福神。通年七福神めぐりが可能なのと、徒歩で巡ることが可能な3社4寺で、手頃な散策として人気です。専用の色紙が用意され、どの寺社をスタートしても、日時を費やしても構いません。最初に色紙代がかかるのと、各寺

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ