今宮戎神社

今宮戎神社

商売繁盛の神様「えべっさん」として知られる神社で、大阪市浪速区に鎮座するのが今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)。毎年1月9日〜11日にかけて『十日戎』(とおかえびす)が開かれることでも有名。聖徳太子建立七大寺の一つ、四天王寺創建の際に西を守護する社として創建されたと伝えられています。

『十日戎』には100万人の人出が

浪速区の鎮座地は、かつては海岸沿いに位置していましたから、当初は漁業者の信仰を集めたと推測できます。
室町時代から大坂の商人の発展に伴って、大坂(現・大阪)の商業を護る神として親しまれるようになったのです。

戦国時代に、豊臣秀頼が片桐且元を普請奉行として、社殿を造営。
江戸時代、今宮戎神社の『十日戎』が、大坂の商人に支えられて盛んになり、それが全国に広まったともいわれています。
商売繁昌の神札などが授与されるほか、『十日戎』では拝殿で福笹を授かることができます。
参拝後、社殿裏の銅鑼(どら)を打って再度お願いし、縁起物がぶら下がっている福笹を「福娘」から授与されるのが習わし。

今宮戎神社の戎信仰は、京の祇園社(明治の神仏分離で八坂神社に)の氏子が今宮に移り住んだとき、祇園の「えべっさん」(北向蛭子)を今宮にお祀りしたことに始まるとされ、八坂神社からは今宮戎神社の『十日戎』に先だって1月8日に、献茶祭に神水を持参してお供えしています。
また、祇園祭神幸祭にも今宮戎神社が参列するなどの交流が保たれています。

事代主命は、恵比寿神!?
ちなみに事代主命と恵比寿神が同一視されるようになったのは中世から。
国譲り神話(出雲神話)で、事代主命が出雲の美保ヶ崎(地蔵崎)で釣りをしていたことから釣り好きとされ、海と関係の深いえびすと同一視されるようになったもの。
恵比寿神は、記紀に出てこない神であるため、蛭子命(ひるこのみこと)あるいは事代主命とする神社などに分かれているのです。
七福神で恵比寿神が大鯛を小脇に抱え釣竿を持っているのは、この国譲り神話のイメージから。

今宮戎神社 DATA

名称 今宮戎神社/いまみやえびすじんじゃ
Imamiya Ebisu-jinja Shrine
所在地 大阪府大阪市浪速区恵美須西1-6-10
関連HP 今宮戎神社公式ホームページ
電車・バスで 南海本線今宮戎駅から徒歩すぐ、地下鉄堺筋線恵比須町駅から徒歩5分、JR新今宮駅から徒歩5分
ドライブで 阪神高速1号環状線夕陽丘出口から約1.2km
駐車場 なし/十日戎祭礼時は周辺に交通規制がされるため注意を
問い合わせ TEL:06-6643-0150/FAX:06-6643-0161
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材・画像協力:(公財)大阪観光局

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ