大田神社(大田ノ沢のかきつばた群落)

大田神社(大田ノ沢のかきつばた群落)

京都市北区上賀茂本山に鎮座する平安時代編纂の『延喜式神名帳』記載の式内社が大田神社(おおたじんじゃ)。上賀茂神社(賀茂別雷神社)の東500mにあり、現在は上賀茂神社の境外摂社のひとつですが、参道脇のカキツバタ群落は、「大田ノ沢のかきつばた群落」として国の天然記念物に指定されています。

平安時代からカキツバタの名所だった!

天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祭神にする大田神社。
現存する本殿、拝殿は、寛永5年(1628年)の築。

大田ノ沢は、平安の昔からカキツバタが自生し、名所だったと伝えられ、平安時代後期〜鎌倉時代初期の公家・歌人の藤原俊成(ふじわらのとしなり=『千載和歌集』の撰者)も、「神山(こうやま)や 大田の沢の杜若 ふかきたのみは色にみゆらむ」と詠っています(伊勢・賀茂・春日・日吉・住吉の五社に奉納された、堀川百首題に基づく俊成自詠の作品集『五社百首』)。

実は、この大田ノ沢は、深泥池(みどろがいけ)同様に、古代の京都が湖だった面影を残す泥炭地のひとつで、かつては深泥池とつながっていたのだと推測できます。

尾形光琳(京の高級呉服商に生まれ、俵屋宗達に私淑)の六曲一双屏風『燕子花図屏風』(かきつばたずびょうぶ/根津美術館蔵・国宝)のモチーフも、この大田ノ沢だという説も(『燕子花図』自体はその情景に『伊勢物語』に語られたカキツバタの名所、三河八橋が潜んでいます)。
もともと、尾形光琳の『燕子花図屏風』は、京都・西本願寺に伝わる寺宝だったので、大田ノ沢に咲くカキツバタを眺め、平安時代、在原業平(ありわらのなりひら)が眺めた三河八橋のカキツバタをイメージしたのかもしれません。

「大田ノ沢のかきつばた群落」は、例年、上賀茂神社の『賀茂祭』(葵祭)の時期に合わせるかのように、5月上旬〜5月中旬に、2万5000株が花開きます。
東へ600mほどの深泥池にも白っぽいカキツバタが花を咲かせるので、時間があればあわせて見学を。

平安の昔からのカキツバタの名所「大田ノ沢のかきつばた群落」は、「小堤西池のカキツバタ群落」(愛知県刈谷市)、「唐川のカキツバタ群落」(鳥取県岩美町、唐川湿原)と並び、日本三大カキツバタ自生地のひとつに数えられています。

大田神社(大田ノ沢のかきつばた群落)
名称 大田神社(大田ノ沢のかきつばた群落)/おおたじんじゃ(おおたのさわのかきつばたぐんらく)
所在地 京都府京都市北区上賀茂本山340
関連HP 上賀茂神社(大田神社)公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄北山駅から徒歩20分
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約13km
駐車場 2台/無料
問い合わせ 大田神社 TEL:075-781-0907
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

上賀茂神社は、正式名を賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)といい、世界遺産「古都京都の文化財」の構成資産。平安遷都以前に、京で大きな勢力を持っていた賀茂氏の祖先を祀る神社で、遷都後は賀茂御祖神社(下鴨神社)とともに王城鎮護の役割を担いま

深泥池

深泥池

京都盆地の北にある周囲1.5km、面積9haの深泥池(みぞろがいけ、みどろがいけ)。一帯に広がる水生植物群落は、国の天然記念物に指定されています。池内の各所に氷河時代の生き残りと考えられる北方系の動植物が生育。ミズゴケ湿原には西日本の平坦地

小堤西池

小堤西池(小堤西池のカキツバタ群落)

愛知県刈谷市井ヶ谷町にある広さ2haの農業用溜池が小堤西池。刈谷市から知多半島にかけての丘陵地帯は溜池の集中する場所ですが、小堤西池はカキツバタが自生し、「小堤西池のカキツバタ群落」として国の天然記念物に指定。さらに「日本三大カキツバタ自生

唐川湿原(唐川のカキツバタ群落)

唐川湿原(唐川のカキツバタ群落)

鳥取県岩美郡岩美町唐川にある低層湿原が唐川湿原。標高370m〜400m内外の東西230m、南北800mに広がり、大沢池や流れる小川に沿って低層湿原が発達しています。100種類の湿原植物が自生していますが、下流側の0.6haにはカキツバタが自

日本三大カキツバタ自生地

日本三大カキツバタ自生地とは!?

アヤメ科アヤメ属の植物、カキツバタ。日本列島各地の湿原や池沼に自生する植物ですが、開発などで群生地は希少に。小堤西池のカキツバタ群落(愛知県刈谷市)、大田ノ沢のかきつばた群落(京都市北区、大田神社)、唐川のカキツバタ群落(鳥取県岩美町、唐川

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ