日本三大流し踊りとは!

日本三大流し踊り

踊りながら町を流すのが「流し踊り」。日本三大流し踊りは、『阿波おどり』(徳島県徳島市)、『郡上おどり』(岐阜県郡上市)、そして『黒石よされ』(青森県黒石市)の3つ。日本三大といわれるものには、自称や「選者不明」的なものも数多くありますが、三大流し踊りにはちゃんとした裏付けが!

「日本三大流し踊り」選定の理由は!?

昭和57年、創立25周年を迎えた日本フォークダンス連盟は、全国の踊り上手のための全日本民踊講習会の課題に徳島県の「阿波おどり」、岐阜県の「郡上おどり」、「黒石よされ」の3つを指定し、これを契機に「日本三大流し踊り」の称が生まれたのです。

フォークダンスとは民俗舞踊のこと。
収穫を祝って踊ることがルーツのフォークダンスの団体で、しかも公益法人の日本フォークダンス連盟(現在は内閣府の管轄)が課題に選ぶのだから、日本を代表する3つということに。

ちなみに日本フォークダンス連盟発足から日が浅い昭和36年に開催された第1回の全日本民踊指導者講習会に選ばれた栄えある曲は、そうらん節(北海道)、八戸小唄(青森県)、津軽盆唄(青森県)、秋田音頭(秋田県)、秋田おばこ(秋田県)、会津磐梯山(福島県)、八木節(群馬県)、秩父音頭(埼玉県)、大島あんこ節(東京都)、佐渡おけさ(新潟県)、阿波おどり(徳島県)、炭坑節(福岡県)、鹿児島おはら節(鹿児島県)で、特別指定曲が黒石よされ(青森県)でした。

黒石よされ

開催日:毎年8月14日~8月20日(メインの流し踊りは8月15日~8月16日)
開催場所:青森県黒石市
歴史:500年~600年前に唄われた男女の恋の掛け合い唄が起源

黒石よされ

黒石よされ|黒石市

毎年8月14日~8月20日(メインの流し踊りは8月15日~8月16日)、青森県黒石市で『黒石よされ』が行なわれます。500~600年前、男女の恋の掛合唄であったとされる『黒石よされ』。約200年前、黒石藩家老・境形右衛門が黒石の城下町に人を

郡上おどり

開催日:毎年7月中旬〜9月上旬の延べ32夜8月13日〜8月16日の4日間は新町~橋本町で「盂蘭盆会(徹夜踊り)」
開催場所:岐阜県郡上市
歴史:平安末期から流行した「風流踊り」の流れをくみ、江戸時代、郡上藩が奨励し盛んに

郡上おどり

郡上おどり

毎年7月中旬〜9月上旬の延べ32夜、郡上市で国の重要無形民俗文化財『郡上踊り』が開催されます。『西馬音内の盆踊り』、『阿波おどり』とともに「日本三大盆踊り」、『花笠おどり』、『阿波おどり』と並んで「日本三大民謡踊り」(『郡上節』)にも数えら

阿波おどり

開催日:毎年8月12日〜8月15日
開催場所:徳島県徳島市
歴史:天正14年(1586年)、徳島城の竣工記念で踊られたのが始まりと伝承

阿波おどり

阿波おどり

毎年8月12日〜8月15日、徳島県徳島市で『阿波おどり』が行なわれます。『西馬音内の盆踊り』、『郡上おどり』とともに「日本三大盆踊り」、『よさこい祭り』、『新居浜太鼓祭り』とともに「四国三大祭り」にも数えられ、三味線、太鼓、鉦鼓、篠笛の2拍

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大祭

日本三大祭とは!?

日本三大〇〇に関しては、自然発生的なものが多く、日本三大祭に関してもいわゆる「選者不明」の三大のひとつ。一般的にはその歴史、伝統、規模などを鑑みて、東京・神田神社(神田明神)の『神田祭』、京都・八坂神社の『祗園祭』、そして大阪・大阪天満宮の

日本三大盆踊りとは!?

平安時代、空也上人によって始められた踊念仏が、念仏踊りとなり、盂蘭盆会(うらぼんえ)と結びついて精霊を迎える、死者を供養するための行事として発展した盆踊り。日本三大盆踊りに数えられるのは、有名で、目下お騒がせの阿波おどり(徳島市)、徹夜踊り

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ